2018年02月25日

第502回:“Visit Japan” ―「ビジット・ジャパン(日本へ行こう)」(ビジット・ジャパン・キャンペーン)

こんにちは! ジム佐伯です。
英語の名言・格言やちょっといい言葉、日常会話でよく使う表現などをご紹介しています。



第502回の今日はこの言葉です。
“Visit Japan”

「日本へ行こう」
という意味です。
これは日本の国土交通省(Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism)が行っている「ビジット・ジャパン・キャンペーン(Visit JAPAN Campaign)」で使われている言葉です。
外国の人に向かって日本観光の..
続きを読む
タグ:旅行 日本
このエントリーをはてなブックマークに追加
posted by ジム佐伯 at 07:00 | ロンドン ☁ | Comment(0) | 国際関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月17日

第499回:“Shinjuku so big, I need a Doraemon” ―「新宿はとても広くて、こりゃドラえもんが要るぜ」(Namewee『Tokyo Bon 東京盆踊り2020』)

こんにちは! ジム佐伯です。
英語の名言・格言やちょっといい言葉、日常会話でよく使う表現などをご紹介しています。



第499回の今日はこの言葉です。
“Shinjuku so big, I need a Doraemon”

「新宿はとても広くて、こりゃドラえもんが要るぜ」
という意味です。
これはマレーシアの人気歌手で映画監督や俳優でもあるNameweeネームウィーの新曲『Tokyo Bon 東京盆踊り2020』の歌詞に登場する言葉です。

0499-namewee.jpg
Namewee(2010年撮影)
By Malay..
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
posted by ジム佐伯 at 07:00 | ロンドン ☁ | Comment(2) | 国際関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月30日

第418回:“The President regards Japan with peculiar friendliness.” ―「大統領は日本に特別な好意を持っています」(タウンゼント・ハリス)

こんにちは! ジム佐伯です。
英語の名言・格言やちょっといい言葉、日常会話でよく使う表現などをご紹介しています。



第418回の今日はこの言葉です。
“The President regards Japan with peculiar friendliness.”

「大統領は日本に特別な好意を持っています」
という意味です。
これはアメリカの外交官タウンゼント・ハリス(Townsend Harris, 1804-1878)の言葉です。日本の江戸時代後期に来日し、初代の駐日領事を務めた人物で..
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
posted by ジム佐伯 at 07:00 | ロンドン ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月26日

第417回:“What a prospect full of hope opens for the future of that interesting country!” ―「この興味深い国にはなんと希望にあふれた未来が開けることか!」(ペリー)

こんにちは! ジム佐伯です。
英語の名言・格言やちょっといい言葉、日常会話でよく使う表現などをご紹介しています。



第417回の今日はこの言葉です。
“What a prospect full of hope opens for the future of that interesting country!”

「この興味深い国にはなんと希望にあふれた未来が開けることか!」
という意味です。
これはアメリカ海軍の代将(Commodore)だったマシュー・ペリー(Matthew Perry, ..
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
posted by ジム佐伯 at 07:00 | ロンドン ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月25日

第333回:“Brexit!” ―「ブレグジット!」(イギリスのEU離脱)

こんにちは! ジム佐伯です。
英語の名言・格言やちょっといい言葉、日常会話でよく使う表現などをご紹介しています。



第333回の今日はこの言葉です。
“Brexit”
「ブレグジット」
これはイギリスのEU離脱を意味する言葉です。
イギリスの代名詞でもある“Britain”(ブリテン)と、「出ていく」という意味の“exit”(エグジット)を組み合わせた造語です。
「ブレグズィット」と「ブレクスィット」とどちらにも読まれます。
日本では「ブレグジット」の記載が多いようですね。
今回は急遽予定を変更..
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
posted by ジム佐伯 at 07:00 | ロンドン | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする