2017年11月29日

第479回:“Kurosawa is the Beethoven of movie directors.” ―「黒澤はまるで映画監督のベートーヴェンだ」(シドニー・ルメット)

こんにちは! ジム佐伯です。
英語の名言・格言やちょっといい言葉、日常会話でよく使う表現などをご紹介しています。



第479回の今日はこの言葉です。
“Kurosawa is the Beethoven of movie directors.”

「黒澤はまるで映画監督のベートーヴェンだ」
という意味です。“a Beethoven”と言った場合は数ある中の一人ということになりますが、“the Beethoven”と言っていますので、唯一無二のベートーヴェン的存在だということを示しています。..
続きを読む
タグ:映画 日本
このエントリーをはてなブックマークに追加
posted by ジム佐伯 at 07:00 | ロンドン | Comment(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月25日

第478回:“Man is a genius when he is dreaming.” ―「夢は天才である」(黒澤明)

こんにちは! ジム佐伯です。
英語の名言・格言やちょっといい言葉、日常会話でよく使う表現などをご紹介しています。



第478回の今日はこの言葉です。
“Man is a genius when he is dreaming.”

「夢は天才である」
という言葉の英語訳です。
「夢みる人は天才である」
といったところでしょうか。
これは日本の映画監督、黒澤明(Akira Kurosawa, 1910-1998)の言葉です。

Embed from Getty Images

黒澤明(1992年撮影)
Ima..
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
posted by ジム佐伯 at 07:00 | ロンドン | Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月01日

第472回:“Do you want to be my friend?” ―「私と友達になりたい?」(エヴァ、『エクス・マキナ』より)

こんにちは! ジム佐伯です。
英語の名言・格言やちょっといい言葉、日常会話でよく使う表現などをご紹介しています。



第472回の今日はこの言葉です。
“Do you want to be my friend?”

「私と友達になりたい?」
という意味です。とてもシンプルで簡単な表現ですよね。
これはアレックス・ガーランド(Alex Garland)が監督した映画『エクス・マキナ(Ex Machina)』(2015年イギリス)で、スウェーデンの女優アリシア・ヴィキャンデル(Alicia Vik..
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
posted by ジム佐伯 at 07:00 | ロンドン | Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月04日

第442回:“I did't know they stacked sh*t that high!” ―「まるでそびえ立つクソだ!」(ハートマン軍曹)(『フルメタル・ジャケット』より)

こんにちは! ジム佐伯です。
英語の名言・格言やちょっといい言葉、日常会話でよく使う表現などをご紹介しています。



第442回の今日はこの言葉です。
“I did't know they stacked sh*t that high!”

朝からいきなり汚い言葉ですみません。このブログの品位を保つため一部を伏せ字にしました。
「やつらがクソをこんなに積み上げたとは知らなかった」
「クソがこんなに積み上げられるとは知らなかった」
というのが文字通りの意味です。
これはスタンリー・キューブリック(S..
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
posted by ジム佐伯 at 07:00 | ロンドン ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月14日

第407回:“Here's to the fools who dream.”―「夢見る愚か者たちに乾杯」(『ラ・ラ・ランド』より)

こんにちは! ジム佐伯です。
英語の名言・格言やちょっといい言葉、日常会話でよく使う表現などをご紹介しています。



第407回の今日はこの言葉です。
“Here's to the fools who dream.”

「夢見る愚か者たちに乾杯」
という意味です。
これはデミアン・チャゼル(Damien Chazelle, 1985-)が脚本と監督を務めたアメリカのミュージカル映画『ラ・ラ・ランド(La La Land)』(2016年アメリカ)に出てくる言葉です。エマ・ストーン(Emma St..
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
posted by ジム佐伯 at 07:00 | ロンドン 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月12日

第398回:“It seems like an awful waste of space.”―「広い宇宙がもったいない」(映画『コンタクト』より)

こんにちは! ジム佐伯です。
英語の名言・格言やちょっといい言葉、日常会話でよく使う表現などをご紹介しています。



第398回の今日はこの言葉です。
“It seems like an awful waste of space.”
「スペースのひどい無駄使いだろう」
というのが文字通りの意味です。
ここでの「スペース」とは「宇宙」という意味と「空間」という意味が二重にこめられています。
「広い宇宙がもったいない」
といったところでしょうか。
これは映画『コンタクト(Contact)』(1997年..
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
posted by ジム佐伯 at 07:00 | ロンドン | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月03日

第395回:“I dream for a living.”―「生きる糧として夢を見るんだ」(スティーブン・スピルバーグ)

こんにちは! ジム佐伯です。あけましておめでとうございます。
英語の名言・格言やちょっといい言葉、日常会話でよく使う表現などをご紹介しています。



今年最初の第395回の今日はこの言葉です。
“I dream for a living.”
「生きるかてとして夢を見る」
“for a living”とは、抽象的な「生きるために」というよりも、「生活のために」という意味があります。そしてこの言葉には前振りがあります。
“I don't dream at night, I dream al..

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
posted by ジム佐伯 at 07:00 | ロンドン 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月19日

第380回:“We've got a battleship.” ―「俺たちには戦艦がある」(アレックス)(映画『バトルシップ』より)

こんにちは! ジム佐伯です。
英語の名言・格言やちょっといい言葉、日常会話でよく使う表現などをご紹介しています。

0380-missouri_post_refit.jpg
戦艦ミズーリ(1980年代撮影)
By U.S. Navy photo [Public domain], via Wikimedia Commons

第380回の今日はこの言葉です。
“We've got a battleship.”

「俺たちには戦艦がある」
という意味です。
これは、ピーター・バーグ(Peter Berg)が監督した映画『バトルシップ(Battleship)』..
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
posted by ジム佐伯 at 07:00 | ロンドン | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月14日

第315回:“I have a bad feeling about this.” ―「なんだか嫌な予感がする」(『スター・ウォーズ』シリーズより)

こんにちは! ジム佐伯です。
英語の名言・格言やちょっといい言葉、日常会話でよく使う表現などをご紹介しています。



第315回の今日はこの言葉です。
“I have a bad feeling about this.”
「なんだか嫌な予感がする」
という意味です。
これは映画『スター・ウォーズ』シリーズの作品に登場する言葉です。
最新作の『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』でもハリソン・フォード(Harrison Ford, 1942-)演じるハン・ソロ(Han Solo)が口にしています。..
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
posted by ジム佐伯 at 07:00 | ロンドン 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月04日

第298回:“I'm still alive... obviously.” ―「僕はまだ生きている。明らかにね」(マーク・ワトニー)(『オデッセイ』より)

こんにちは! ジム佐伯です。
英語の名言・格言やちょっといい言葉、日常会話でよく使う表現などをご紹介しています。



第298回の今日はこの言葉です。
“I'm still alive... obviously.”
「僕はまだ生きている。明らかにね」
という意味です。
これはリドリー・スコット(Sir Ridley Scott, 1937-)が監督した映画『オデッセイ(The Martian)』(2015年アメリカ)の主人公マーク・ワトニー(Mark Watney)が口にした言葉です。
この映..
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
posted by ジム佐伯 at 07:00 | ロンドン | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。