スポンサーリンク / Sponsored Link


2018年09月06日

第514回:“I’m really, really happy, I cannot believe it now!” ―「本当に本当に嬉しくて、信じられないです」(名倉七海)

こんにちは! ジム佐伯です。
英語の名言・格言やちょっといい言葉、日常会話でよく使う表現などをご紹介しています。


第514回の今日はこの言葉です。
“I’m really, really happy, I cannot believe it now!”

「本当に本当に嬉しくて、信じられないです」
という意味です。
これは日本のタレントでエアギタリストでもある名倉なぐら七海ななみ(Nanami Nagura, 1995-)の言葉です。
エアギタリストって何でしょう。これはギターを持たずに音楽に合わせてギターを弾くまねをする「エアギター(Air Guitar)」の演奏者のことです。
「弾くまねの演奏者」ってなんか矛盾した表現ですが、ロックやメタルが好きな方なら一度はやられたことがあるのではないでしょうか。世界的にも愛好家が多く、なんと世界選手権も開かれています。



名倉七海

名倉七海は1995年に東京に生まれます。9歳でヒップホップダンスを始めたそうです。
2012年にフォーライフミュージックエンタテイメント主催のエアドルオーディションに参加します。「エアドル」とはエアーバンドアイドルのことで「日本初? いや世界初?の」と紹介されています。名倉七海は最終選考の12人に選ばれ、F.A.R.M.ファームというプロジェクトの一員として歌やダンスや演技などの指導や教育を受けます。同年10月、名倉七海はその中から第1弾グループとして選ばれた5人組の自称宇宙初のエアギターアイドル「テレパシー」の天然クールビューティー担当のセンターとして活動を開始します。名倉七海が17歳の時のことです。ユニット名はメンバー自身が名づけたもので「人の心と心をつなぐ存在になる」という気持ちがこめられています。
翌2013年、テレパシーはテレビドラマ『ショムニ2013』の第3話に出演したり、両A面の『テレパシーミライ/テレパシーセカイ』でCDデビューしたり、ライブ活動を行ったりします。


【動画】“テレパシー / テレパシーセカイ【PV Short ver.】”(中心が名倉七海), by FOR LIFE MUSIC ENTERTAINMENT, YouTube, 2013/09/26

しかし2014年2月にメンバーの一人だった前嶋まえしま菜子なこが卒業し、同年4月にテレパシーは解散してしまいます。名倉七海も大学へ進学します。
名倉七海はテレパシーのメンバーとして「エアギター世界大会で優勝する」という公約を掲げていました。そして
「解散したけれど、みんなとの約束を守りたくて一人で世界選手権を目指すことにしました」
と単身エアギター世界大会へ挑むことを決意し、ユニット解散後も黙々と1人エアギターの特訓に励みます。
そして5月、100人を超える挑戦者が参加した東京予選を名倉七海は2位で通過し、7月に仙台で行われた日本エアギター協会(Airguitar Japan Association)が主催する日本エアギター選手権2014の決勝で、見事エアギター日本チャンピオンに輝きます。日本歴代チャンピオン中、最年少です。
さらに9月、フィンランドのオウル(Oulu)という街で開かれた世界エアギター選手権2014(Air Guitar World Champion 2014)に出場します。エントリー名は「七海」を直訳した“Seven Seas”を入れた“Nanami "Seven Seas" Nagura(名倉Seven Seas七海)”。彼女にとって初めての海外体験です。

0514-nanami.jpg
世界エアギター選手権2014で「演奏」する名倉七海
By Aleksi Ollila [CC BY-SA 4.0], from Wikimedia Commons

選手権では、1分間の演技を2回披露し、技術や独創性、観客をどれだけ盛り上げたかなどで得点がつけられます。世界選手権は1996年から開催され、この年が19回目の大会です。
名倉七海がヒップホップ仕込みの切れがある動きと、黒髪を振り乱す大胆なアクションを披露すると、約2000人の観客からは大歓声が沸き起こります。そして俳優の故三船敏郎をイメージして練習を重ねた「エア殺陣たてを見せると、会場の熱気は最高潮に達します。名倉七海はステージ1を16人参加中1位で通過し、ステージ2で前年チャンピオンのアメリカ人マット・バーンズ(Matt Burns)と35.3ポイントで同率首位になった後、優勝決定戦のステージ3でマットに競り勝って、見事優勝を果たします。日本人の優勝は7年ぶりのことで、19歳での優勝は世界最年少の快挙です。
名倉七海は
「まだ正直実感が湧きません。なんだか夢を見ているみたい。機会があれば、日本でもパフォーマンスを披露したいです」
と目を潤ませます。


【動画】“Nanami "Seven Seas" Nagura (JP), Air Guitar World Champion 2014 (名倉Seven Seas七海(日本)、世界エアギター選手権)”, by Air Guitar World Championships, YouTube, 2014/08/30

ファンへの公約を見事に果たした名倉七海は同年11月に吉田拓郎のカバー曲「こうき心」でソロ歌手デビューを果たします。そして翌2015年4月、同じく吉田拓郎のカバー曲「ふざけんなよ」をリリースします。
2015年7月の日本エアギター選手権2015には名倉七海はシード出場しますが、惜しくも4位に終わり、徐々にエアギターから距離を置くようになります。この年のチャンピオンには空手着姿でスキンヘッドの「じゅんじゅん」が優勝します。
また日本エアギター選手権2016ではヒョウ柄衣装で金髪ロングのセクシー美女「TAM」が優勝します。
日本エアギター選手権2017では力士姿で熱演した15歳の男子高校生門田亭もんでんてい笑勝しょうしょう(Show-Show)」が優勝します。
しかしいずれも世界選手権では優勝には手が届かずに終わります。


【動画】“名倉七海 / こうき心(吉田拓郎カヴァー)【PV Short ver.】”, by FOR LIFE MUSIC ENTERTAINMENT, YouTube, 2014/09/09

エアギターから距離を置いていた名倉七海ですが2018年3月に大学を卒業し、2018年6月に3年ぶりにエアギターをプレーして「まだ動けるな」と確かな手応えを実感して再挑戦を決意します。FIFAワールドカップ・ロシア大会でのサッカー日本代表チームの活躍にも勇気をもらったそうです。
2018年7月、鹿児島県最北端の島、長島で開催された日本エアギター選手権2018に、名倉七海は3度目の出場を果たします。名倉七海は異次元の圧倒的な強さで優勝し、4年ぶりに日本チャンピオンに返り咲きます。
そして9月、フィンランドのオウルで開催された世界エアギター選手権2018に名倉七海は出場します。オウルに到着した名倉七海は、かつて優勝を争ったマットらエアギター仲間と再会を喜び、大会に臨みます。本番直前には4年前の記憶がフラッシュバックしてきて涙が出てきたそうです。
「世界一になるぞ、と強く思いました」
とのことです。
第1ラウンドで名倉Seven Seas七海は掃除係の女性の姿で登場、演技力でも聴衆の心をつかみます。そして音楽が始まります。激しいギターに合わせたキレのよい動きは健在です。選曲はメタリカ(Metallica)。このあたりもよくわかっています。「ビビディ・バビディ・ブー!(Bibbidi-Bobbidi-Boo!)」の呪文と共に、名倉七海は早着替えでフリフリのドレス姿に変身します、イメージはシンデレラ(Cinderella)です。そしてさらにメタリカの楽曲が続いて演奏が終わります。
審査員の採点は17.8点。満点の18点に限りなく近い高得点です。

Embed from Getty Images

第2ラウンドの決勝で名倉七海は黒と金のドレスで登場し、ステージを前後左右にフル活用して演奏をします。当日は雨が降っていましたが、観客は雨を気にせず名倉七海の演奏に熱狂します。そして採点は文句なしの18点満点。名倉七海は見事に2度目の世界チャンピオンに輝きます。


【動画】“Nanami "Seven Seas" Nagura (JPN) 2018 Air Guitar World Championships (名倉Seven Seas七海(日本)、2018年世界エアギター選手権)”, by Air Guitar World Championships, YouTube, 2018/08/24

“I’m really, really happy, I cannot believe it now!”
本当に本当に嬉しくて、信じられないです。

所属していたアイドルグループが解散となり、それでもファンとの公約を守ってエアギター世界チャンピオンとなった名倉七海。
2度の挑戦で2度の世界チャンピオンになったことは凄いことです。しかも2度目の決勝は文句なしの満点です。
何よりも北欧のエアギター大会に単身で乗り込んだ度胸とチャレンジ精神が素晴らしいと思います。
「エアギターが大好きなので、魅力をもっと皆さんに広めたいです」
と名倉七海は語っています。
「これをきっかけに私のことを知ってもらって、ドラマや映画やバラエティーも出たいです!」
名倉七海の今後の活躍に期待しましょう!



それでは今日はこのへんで。
またお会いしましょう! ジム佐伯でした。


【動画】“【日本ニュース】「エアギター」:世界選手権、日本人女性が優勝(ロイター)”, by 毎日新聞のニュース, YouTube, 2018/08/26

【関連記事】第497回:“That's not like what I heard.” ―「聞いてたんと違う」(カナダ留学あるある), ジム佐伯のEnglish Maxims, 2018年02月09日
【関連記事】第304回:“Put your Kitsune up!” ―「プッチャきつねアップ!」(BABYMETAL), ジム佐伯のEnglish Maxims, 2016年04月22日
【関連記事】第496回:“Unforgivable Moomin” ―「#ムーミンを許すな」(ツイッターのハッシュタグ), ジム佐伯のEnglish Maxims, 2018年02月05日
【関連記事】第199回:“Bibbidi-Bobbidi-Boo!”−「ビビディ・バビディ・ブー!」(「シンデレラ」の魔法の呪文), ジム佐伯のEnglish Maxims, 2014年03月18日

【参考】Wikipedia(日本語版英語版
【参考】“日本初? いや世界初 !? エアーバンド×アイドル!?アイドル AUDITION「エアドル」”, Deview - オーディション情報, oricon ME
【参考】“Nana色の海 - 名倉七海オフィシャルブログ”
【参考】“nanaminagura”(名倉七海 Instagramアカウント)
【参考】“名倉七海 @__SevenSeas”(名倉七海 twitterアカウント)
【参考】“名倉七海”(太田プロ 公式サイト)
【参考】“エアギター2014日本決勝大会優勝は19歳美少女エアギタリスト!”, 日本エアギター協会公式ブログ, 2014-07-29
【参考】“JAPAN BRINGS IN NEW AIR GUITAR BLOOD BY TAKING OVER THE WORLD TITLE (日本でエアギターの新星誕生、世界タイトルを奪う)”, Air Guitar World Championships, 30 Aug 2014
【参考】“【動画】エアギターで名倉七海さん世界一! 解散乗り越えたアイドル”, withnews, 朝日新聞, 2014年8月31日
【参考】“サムライガールがエアギター世界一!名倉七海感涙「夢みたい」”, Sponichi Annex, スポーツニッポン新聞社, 2014年8月31日
【参考】“名倉七海(19)さん【エアギター世界チャンピオン2014】エア刀で殺陣シーンも披露!”, by 3utさん, NAVERまとめ, 2014年08月31日
【参考】“Japanese Samurai Girl Becomes 2014 Air Guitar World Champ (日本のサムライ・ガールが2014年エアギター世界王者に)”, フィンランド大使館, 9/12/2014
【参考】“Japanese woman takes top prize as plucky air guitarists chase stringless glory at world championships in Finland (エアギターの勇者たちが無弦の栄光を目指してフィンランドに集う世界大会で日本人女性が最高賞に輝く)”, Reporting by Anne Kauranen; Editing by Sam Holmes, Reuters, AUGUST 25, 2018
【参考】“名倉七海さん、世界エアギター選手権で優勝 パフォーマンスが圧倒的”, by 笹川かおり, 2018/8/25
【参考】“名倉七海(なぐらななみ)がかわいい!エアギター世界選手権で2度目の優勝!年齢や経歴wikiプロフィールやTwitter・インスタ写真は?”, J1トラベラー, 2018/8/25
【参考】“名倉七海 エアギター世界王者に返り咲き「これをきっかけにドラマや映画やバラエティーも出たい」”, Sponichi Annex, スポーツニッポン新聞社, 2018年8月26日
【参考】“2018年「エアギター」世界大会でチャンピオンに輝いたSeven Seasこと名倉七海の決勝大会パフォーマンス”, by logx_tm, Gigazine, 2018年08月30日

【動画】“テレパシー / テレパシーセカイ【PV Short ver.】”(中心が名倉七海), by FOR LIFE MUSIC ENTERTAINMENT, YouTube, 2013/09/26
【動画】“Nanami "Seven Seas" Nagura (JP), Air Guitar World Champion 2014 (名倉Seven Seas七海(日本)、世界エアギター選手権)”, by Air Guitar World Championships, YouTube, 2014/08/30
【動画】“名倉七海 / こうき心(吉田拓郎カヴァー)【PV Short ver.】”, by FOR LIFE MUSIC ENTERTAINMENT, YouTube, 2014/09/09
【動画】“Nanami "Seven Seas" Nagura (JPN) 2018 Air Guitar World Championships (名倉Seven Seas七海(日本)、2018年世界エアギター選手権)”, by Air Guitar World Championships, YouTube, 2018/08/24
【動画】“【日本ニュース】「エアギター」:世界選手権、日本人女性が優勝(ロイター)”, by 毎日新聞のニュース, YouTube, 2018/08/26



このエントリーをはてなブックマークに追加
posted by ジム佐伯 at 07:00 | ロンドン | Comment(2) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
この記事へのコメント
のざわさん、こんにちは。ジム佐伯です。コメントありがとうございます。そしていつもブログをご覧になって頂きありがとうございます。名倉七海さん、有限実行すごいですね!そして4年ぶり2度目の優勝もすごいです。さすが宇宙初のエアギターアイドル笑。グループ解散の悲しさを乗り越えての快挙です。コメントとても励みになります。これからもよろしくお願い致します。
Posted by ジム佐伯 at 2018年09月12日 05:22
ジムさん、こんばんは。記事を楽しく拝読させていただきました。新聞に小さくエアギターに日本人が優勝した記事があったと思います。彼女の映像を拝見して、激しい動きと観客との一体感などに驚きました。フィンランドだそうですね。彼女はファンに宣言したことを実現させたのですね。有言実行好きな言葉です。
Posted by のざわ at 2018年09月09日 21:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

スポンサーリンク / Sponsored Link

ブログパーツ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。