スポンサーリンク / Sponsored Link


2017年06月06日

第435回:“It is your time to seize this issue.” ―「今こそこの問題をあなたが終わらせる時です」(アル・ゴア『不都合な真実』より)

こんにちは! ジム佐伯です。
英語の名言・格言やちょっといい言葉、日常会話でよく使う表現などをご紹介しています。



第435回の今日はこの言葉です。
“It is your time to seize this issue.”

「今こそこの問題をあなたが終わらせる時です」
という意味です。
これはアメリカの政治家アル・ゴア(Albert Arnold "Al" Gore, Jr., 1948-)の言葉です。1993年から2001年まで、ビル・クリントン大統領(Bill Clinton)の政権で副大統領を務めた人物で、環境問題の専門家でもあります。この言葉は地球温暖化の問題をうったえたドキュメンタリー映画『不都合な真実(An Inconvenient Truth)』(2006年アメリカ)でゴアが語った言葉です。「この問題」と言っているのは、もちろん地球温暖化問題のことを指しています。

0435-al_gore_vice_president_of_the_united_states_1994.jpg
アル・ゴア(1994年撮影)
The Executive Office of the President of the United States [Public domain], via Wikimedia Commons

アル・ゴアは1948年にワシントンD.C.に生まれます。本名はアルバート(Albert)。父親のアルバート・ゴア・シニアはテネシー州の上院議員をしています。息子のアル・ゴアはハーバード大学(Harvard University)を卒業後、ヴァンダービルト大学(Vanderbilt University)のロースクールを中退します。その年にゴアは父親の地盤であるテネシー州で下院議員に立候補して当選します。1976年、ゴアが28歳の頃です。ゴアは3回当選を重ねた後、1984年に36歳の若さで同じテネシー州から上院議員に当選します。

0435-sengore.jpg
上院議員時代のゴア(1988年撮影)
By United States Senate Historical Office [Public domain], via Wikimedia Commons

ゴアは1988年のアメリカ大統領選挙に民主党から出馬しますが予備選で敗退し、同じ民主党のマイケル・デュカキス(Michael Dukakis)の支持にまわります。しかしこの年は現役のジョージ・H・W・ブッシュ(George Herbert Walker Bush)、いわゆるパパ・ブッシュが再選を果たします。
そして次回の1992年の大統領選で、ゴアは民主党のビル・クリントン大統領候補の副大統領候補として共に戦い、見事に当選を果たします。クリントンが46歳、ゴアが44歳という若さでの当選です。

0435-bill_clinton_al_gore_cropped.jpg
ビル・クリントン大統領(左)とアル・ゴア副大統領(左)
ホワイトハウスにて(1993年撮影)
Executive Office of the President of the United States, cropped by Jim Saeki in 2017 [Public domain], via Wikimedia Commons

ゴアはクリントン政権で副大統領を2期8年務めます。そして在任中に「情報スーパーハイウェイ(Information Superhighway)」という構想を提唱します。アメリカ中のすべてのコンピュータを光ケーブルなどによる高速通信で結ぶという構想です。この構想はその後民間主導のインターネットという形で実現し、ゴアはインターネットの基幹となる全米情報基盤(NII: National Information Infrastructure)の整備に尽力します。



2000年、ゴアは満を持して民主党の大統領候補に立候補します。対する共和党の候補はパパ・ブッシュの息子、ジョージ・W・ブッシュです。知名度・実績とも十分なゴアは当初圧倒的に有利と予想され、次期大統領に間違いないと誰もが思います。しかし本選挙の結果は大接戦となり、ゴアは一般投票で過半数の票を得ながらも選挙人投票では僅差で破れ、惜しくも大統領の座を逃します。この選挙は最も接戦となった大統領選の一つとされており、フロリダ州では票の再集計(recount)が行われたりと、もめにもめた選挙となります。

0435-12.electionprotest.ussc.wdc.11december2000.jpg
選挙結果に抗議してすべての州の再集計を求める人々
(ワシントンD.C.にて, 2000年撮影)
By Elvert Barnes from Baltimore, Maryland, USA (12.ElectionProtest.USSC.WDC.11December2000) [CC BY-SA 2.0], via Wikimedia Commons

2006年、ゴアはデイヴィス・グッゲンハイム(Davis Guggenheim)が監督した映画『不都合な真実(An Inconvenient Truth)』に出演します。というか、この映画はゴアの講演そのものが映画となったものです。
映画の冒頭、つまり講演の冒頭でゴアは次のように話を切り出します。
“I am Al Gore, and I used to be the next president of the United States of America.”
「私はアル・ゴアです。かつてアメリカ合衆国の次期大統領でした。」
「かつての次期大統領」ということはふつうは「現大統領」ということですが、実際の大統領はブッシュ(息子の方)です。ゴアはあえてこういう言い方をすることで、自分が大統領選挙にじゅうぶん勝っていたこと、選挙結果に今も納得していないことを暗に示したのです。聴衆は因縁の選挙結果を知っていますから、大受けで拍手を送ります。まさにつかみはオッケーです。
ゴアは地球の温暖化を示す気象データや映像を次々と示し、このままでは温暖化の気候変動や海面上昇で大変なことになるとうったえます。この映画により初めて地球温暖化の危機を知った人も多く、世界に衝撃を与えます。


【動画】“An Inconvenient Truth TRAILER | MoMA Film (『不都合な真実』予告編 | MoMA)”, by The Museum of Modern Art, YouTube, 2008/01/29

“It is your time to seize this issue.”
「今こそこの問題をあなたが終わらせる時です」
ゴアは地球温暖化問題をこれ以上悪化させないように、世界が一丸となって環境問題に取り組むべきだと訴えます。
この年のアカデミー賞で、本作品は長編ドキュメンタリー映画賞(Academy Award for Best Documentary Feature)を受賞します。
そして翌2007年、ゴアはIPCCと略される「気候変動に関する政府間パネル(Intergovernmental Panel on Climate Change)」と共にノーベル平和賞(Nobel Peace Prize)を受賞します。

0435-al_gore_nobel.jpg
ノーベル賞授賞式でスピーチをするゴア
(2007年撮影)
By Kjetil Bjørnsrud (Own work) [GFDL or CC-BY-SA-3.0], via Wikimedia Commons

“It is your time to seize this issue.”
今こそこの問題をあなたが終わらせる時です。

アメリカ史上最も有能な副大統領と呼ばれたアル・ゴア。
大統領選挙には惜しくも敗れましたが、社会のIT化や環境対策に大きな功績を残しました。
アメリカの人たちはかつて省エネや環境問題にはわりと無関心で、ガソリンや電気をジャブジャブと使っていました。トヨタのハイブリッド車『プリウス』が流行したりもしましたが、アメリカでの車の売れ筋は燃費がメッチャ悪いピックアップトラック。オフィスでは夜に無人になっても照明やPCやエアコンはつけっぱなしです。
しかし『不都合な真実』でのゴアのプレゼンを見て、アメリカ人は初めて環境問題を身近で切実な問題としてとらえるようになりました。この作品のデータには一部に誇張や間違いがあるともいわれていますが、問題の根本を多くの人に理解させたという意味では実に画期的な作品だったと言えましょう。
そしてこの7月、続編である『不都合な真実2:放置された地球(An Inconvenient Sequel: Truth to Power)』が公開されます。


【動画】“An Inconvenient Sequel: Truth To Power (2017)- Official Trailer - Paramount Pictures (『不都合な真実2:放置された地球』 - 公式予告編 - パラマウント映画)”, by Paramount Pictures, YouTube, 2017/03/28

それでは今日はこのへんで。
またお会いしましょう! ジム佐伯でした。


【動画】“Al Gore: Mini Biography (アル・ゴア: ミニ伝記)”, by Biography, YouTube, 2016/01/07

【関連記事】第282回:“It is 3 minutes to midnight.” ―「人類滅亡まであと3分」(世界終末時計), ジム佐伯のEnglish Maxims, 2016年02月06日
【関連記事】第285回:“You're fired!” ―「お前はクビだ!」 (ドナルド・トランプ), ジム佐伯のEnglish Maxims, 2016年02月20日

【参考】Wikipedia(日本語版英語版
【参考】“An Inconvenient Truth Transcript (Part I) (『不都合な真実』書き起こし (パート1))”, by Tony Del Vecchio, ~~ meigaku-global-challenges ~~ (meiji gakuin university), April 26, 2012
【参考】“Facts and Fictions of Al Gore’s "An Inconvenient Truth" (アル・ゴアの『不都合な真実』における事実とフィクション)”, by Kristen Byrnes, Global Warming Hoax, 13 June 2007
【参考】“Is Al Gore's An Inconvenient Truth accurate? (アル・ゴアの『不都合な真実』は正確なのか?)”, by Bob Lacatena, Skeptical Science, 7 January 2014
【参考】“Averting the climate crisis「気候危機を回避せよ」 - ”, by Al Gore, TED (NHK スーパープレゼンテーション), 2012.11.19

【動画】“An Inconvenient Truth TRAILER | MoMA Film (『不都合な真実』予告編 | MoMA)”, by The Museum of Modern Art, YouTube, 2008/01/29
【動画】“An Inconvenient Sequel: Truth To Power (2017)- Official Trailer - Paramount Pictures (『不都合な真実2:放置された地球』 - 公式予告編 - パラマウント映画)”, by Paramount Pictures, YouTube, 2017/03/28
【動画】“Al Gore: Mini Biography (アル・ゴア: ミニ伝記)”, by Biography, YouTube, 2016/01/07

このエントリーをはてなブックマークに追加
posted by ジム佐伯 at 07:00 | ロンドン | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/450505985

この記事へのトラックバック
スポンサーリンク / Sponsored Link

ブログパーツ