スポンサーリンク / Sponsored Link


2017年07月08日

第443回:“Lovely!” ―「すばらしい!」(イギリス口語)

こんにちは! ジム佐伯です。
英語の名言・格言やちょっといい言葉、日常会話でよく使う表現などをご紹介しています。



第443回の今日はこの言葉です。
“Lovely!”

「すばらしい!」
という意味です。
アメリカでも使われないわけではないですが、イギリスの日常会話でとてもよく使われる言葉です。

0443-pretty_young_woman_using_her_mobile_phone_100352809.jpg
Image courtesy of nenetus, published on 18 August 2015 / FreeDigitalPhotos.net

“Lovely!”という言葉、日本でも「ラブリーな」などと日本語化していますよね。もともとは「かわいらしい」「美しい」というように、見た目がかわいいものを形容する言葉です。対象から何らかの心地よい“love”(愛情)がひきおこされる時に使われます。
今ではもっと一般化して、「すばらしい」「楽しい」「うれしい」などという意味でも使われます。相手の言っていることに対して「いいね!」と言う時にも使われます。
日本では主に女性が使いますが、ここイギリスでは年配のおじさんなどでも平気で使います。性別・年齢問わず広く使われているようです。
アメリカでは“Great!”などと言われるシチュエーションで、イギリスでは“Lovely!”がよく使われます。

0443-smiling_middle_aged_doctor_in_lab_coat_100266362.jpg
Image courtesy of stockimages, published on 11 June 2014 / FreeDigitalPhotos.net

あと、同じくイギリスでよく使われる
“Brilliant!”
「すばらしい!」
と同様に、この言葉もほんのちょっとした相槌や確認にも使われます。
電話で問い合わせをした時などに、会員番号や電話番号などをたずねられて答えると、
“Lovely.”
「わかりました」
と答えられたりします。
慣れないうちは、え、そこで“Lovely”なの?、とびっくりしてしまうほど、“Lovely”は頻繁に使われます。

0443-portrait_of_young_girl-100322646.jpg
Image courtesy of radnatt, published on 21 April 2015 / FreeDigitalPhotos.net

朝の挨拶でも、
“Have a nice day!”
「よい一日を!」
の代わりに
“Have a lovely day!”
「素敵な一日を!」
と言ったりしますし、
“Have a nice weekend!”
「よい週末を!」
と同じ意味で
“Have a lovely weekend!”
「素敵な週末を!」
がよく使われます。
こういう挨拶に“lovely”を使うのは女性が多いようです。

0443-aged_woman_looking_over_her_shoulders-100201689.jpg
Image courtesy of stockimages, published on 16 September 2013 / FreeDigitalPhotos.net

“Lovely!”
すばらしい!

いろんな言葉を覚えておくと会話の幅が広がります。
みなさんもどんどん使ってみて下さい。
それでは、どうぞよい一日をお過ごし下さい。
“Have a lovely day!”

0443-portrait_of_thai_aduld_businesswoman_beautiful_girl-100482301.jpg
Image courtesy of tiniroma, published on 06 November 2016 / FreeDigitalPhotos.net

それでは今日はこのへんで。
またお会いしましょう! ジム佐伯でした。


【動画】“A Lovely Night - Mia & Sebastian First Dance (from La La Land) (『ア・ラヴリー・ナイト』 - ミアとセバスチャンの最初のダンス)”, by Cinema Dream, YouTube, 2017/04/12

【関連記事】第439回:“Brilliant!” ―「すばらしい!」(イギリス口語), ジム佐伯のEnglish Maxims, 2017年06月22日
【関連記事】第441回:“Fantastic!” ―「すばらしい!」(イギリス口語), ジム佐伯のEnglish Maxims, 2017年06月30日
【関連記事】第390回:“Two countries separated by a common language.” ―「(アメリカとイギリスは)同じ言語で分けられた二つの国」(バーナード・ショー), ジム佐伯のEnglish Maxims, 2016年12月19日
【関連記事】第407回:“Here's to the fools who dream.”―「夢見る愚か者たちに乾杯」(『ラ・ラ・ランド』より), ジム佐伯のEnglish Maxims, 2017年02月14日

【参考】Wikipedia(日本語版英語版
【参考】“lovely(ラブリー)やsorry(ソーリー)等のイギリス人が最もよく使う口癖の一覧リスト:TOP5”, by Mairi さん, British英語.com, 16/01/2013
【参考】“【淑女の英会話】ラブリーとかゴージャスとか女子が誤解してそうな基礎英語”, by Maiko Kissaka さん, Pouch[ポーチ], 2011年4月12日
【参考】“単語記事: ラブリー”, ニコニコ大百科(仮)
【参考】“「ラブリー」から学ぶ→ It’s so lovely.”, 女子トーク英語[Girl-lish]

【動画】“A Lovely Night - Mia & Sebastian First Dance (from La La Land) (『ア・ラヴリー・ナイト』 - ミアとセバスチャンの最初のダンス)”, by Cinema Dream, YouTube, 2017/04/12

このエントリーをはてなブックマークに追加
posted by ジム佐伯 at 07:00 | ロンドン ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | イギリス口語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
スポンサーリンク / Sponsored Link

ブログパーツ