スポンサーリンク / Sponsored Link


2017年05月25日

第432回:“Blah-blah-blah.” ―「どうたらこうたら」(日常会話)

こんにちは! ジム佐伯です。
英語の名言・格言やちょっといい言葉、日常会話でよく使う表現などをご紹介しています。



第432回の今日はこの言葉です。
“Blah-blah-blah.”

「などなど」
「かくかくしかじか」
「どうたらこうたら」
という意味です。
3拍子で「ブラー、ブラー、ブラー」と平板に発音します。
2拍子で「ブラーブラ、ブラー」というリズムをつけて言われることもよくあります。
主にアメリカやカナダなどで日常会話でよく使われるスラングです。
スラングですので、あまり改まった場では使いません。ご注意ください。

0432-concept_business_show_paper_say_blah.jpg
Image courtesy of pakorn, published on 04 September 2014 / FreeDigitalPhotos.net

例えば友達に「大統領のスピーチはどうだった?」とたずねられたとします。
そんな時、メインの話題をざっと挙げて、あとは「〜などなどだよ」と言うときに、この言葉を使います。
“He was talking about American Greatness, a great wall on the border, and so on.”
「アメリカの偉大さや国境の壁なんかを話していたよ」
とも言いますが、口語ではよく、
“He was talking about American Greatness, a great wall on the border, blah-blah-blah.”
「アメリカの偉大さや国境の壁とかなんとか話していたよ」
と言います。

0432-trump_joint_session_of_congress.jpg
(写真は本文と関係ありません)
By Official White House Photo by Shealah Craighead [Public domain], via Wikimedia Commons

言葉のニュアンスとしては、Kiasuさんの「世界の英語方言・スラング大辞典」の解説がわかりやすいです。
物事を羅列して話す場合に、会話にとってあまり重要でない事項や相手が余り興味を示さない事項、要するにどうでもいいことがこの言葉に取って代わられる。

“blah blah blah”, by Kiasuさん, 世界の英語方言・スラング大辞典
なるほどなるほど。省略するということはどうでもいいこと。素晴らしい内容だったら“Blah-blah-blah”に置き換えたりはしませんからね。

0432-businessman_receiving_applause.jpg
(写真は本文と関係ありません)
Image courtesy of Ambro, published on 25 June 2011 / FreeDigitalPhotos.net

“It was blah-blah-blah.”
「話すほどのことはなかったよ」
という使い方もあります。
容赦のない全省略です。それほど退屈で中身がなかった時に使います。
また、“blah”という一語でも「退屈な、つまらない」という形容詞や「ばかげたこと、ナンセンス」という名詞として使われます。


【動画】“Alex Russo-blah blah blah (アレックス・ルッソ - blah blah blah)”, by AlexRussoSelenaGomez, YouTube, 2014/01/08

カリフォルニア大学バークレー校(UCB: University of California, Berkeley)のジェフ・ナンバーグ助教授(Geoff Nunberg)によると、この言葉はもともと古代ギリシアで「意味のない雑音」をあらわす時に使われていた
“bar bar bar”
という言葉から来たものなのだそうです。
そして19世紀には、
“blab blab blab”
という言葉が使われるようになります。
“blab”とは「ベラベラしゃべること」という意味です。大したことがない退屈な話をベラベラしゃべっている雰囲気がよく出ています。
それがいつの間にか、
“blah-blah-blah”
になったのだそうです。発音はほとんど同じですね。
この言葉は1910年代に使われ始めます。そして1918年にはOED(The Oxford English Dictionary)という辞書が初めて“blah”という言葉を今の意味で収録します。そして第二次世界大戦以降に“blah-blah-blah”が爆発的に使われるようになったそうです。


【動画】“I do not say "Blah blah blah"! (「Blah blah blah」なんて言ってない!)”, by Aries Wild Child, YouTube, 2015/07/13

書物に出てくる言葉の出現頻度の推移を見ることができるGoogle Ngramというサービスがあります。検索ワードの人気の推移を見られるGoogleトレンド(Google Trends)の書籍版です。
ナンバーグ助教授がGoogle Ngramのデータを調べたところ、“blah-blah-blah”の使用頻度は1960年から2000年の間に50倍に激増したそうです。


【動画】“Hotel Transylvania -I don't say Blah blah blah (『モンスター・ホテル』より - 「Blah blah blah」なんて言ってない)”, by Lona Faraidun, YouTube, 2016/01/23

また、同じような意味の言葉として
“Yada yada yada.”
というものがあります。“Yadda-yadda-yadda.”と書いたりもします。
意味や使い方は“blah-blah-blah”とほとんど同じ。リズムは3拍子で、発音は日本語で「嫌だ」という時の「ヤダヤダヤダ」とほとんど同じです。これ、日本人にとってはかなり衝撃ですよね。
この言葉もアメリカに起源を持ち、舞台で踊りや歌、手品、漫才などを上演するヴォードヴィル(vaudeville)というショー・ビジネスでヴォードヴィリアン(vaudevillians)と呼ばれる寄席芸人たちが1940年代に使い始め、主にニューヨークで一般の人にも使われるようになります。
そして1989年から1998年までアメリカのNBCで放送された大人気コメディドラマ『となりのサインフェルド(Seinfeld)』の伝説回、第8シーズンの第19話(通算第153話)“The Yada Yada”(「ヤダヤダ」, 1997年)で使われて爆発的に広まり、全米で日常的に使われるようになります。
ドラマでは、「重要でないことを省略する」というよりは、「言いにくいことを省略する」という使われ方がされています。


【動画】“Seinfeld Clip - The Yada-Yada (『となりのサインフェルド』より - 「ヤダヤダ」のシーン)”, by MFrancojr1, YouTube, 2011/03/31

“Blah-blah-blah.”
どうたらこうたら。

独特のリズムがあって、なかなか面白い表現ですね。
僕はアメリカに暮らしていた時、かなり改まった場での講演で、かなりの立場にある日本人がこの言葉を使ったのを聞いたことがあります。会場の人たちはドッと大爆笑でした。
笑いをとるために敢えて使ったのだとしたら、かなり高度なテクニックで、英語を本当によくわかっている方なのだと思います。ただ、一歩間違うとひんしゅくを買ってしまうかもしれない諸刃もろはつるぎ。時と場合によっては育ちや教養を疑われてしまうこともあります。使う時はどうぞ気をつけて下さい。
そして何よりも、話の内容で勝負しましょう。
あとで“Blah-blah-blah.”と省略されたりしないように。

0432-invisible_businessman_no_head_say_blah_blah_blah.jpg
Image courtesy of pakorn, published on 02 February 2014 / FreeDigitalPhotos.net

それでは今日はこのへんで。
またお会いしましょう! ジム佐伯でした。

【関連記事】第85回:“Uh-huh.”―「ええ(あいづち)」(日常会話), ジム佐伯のEnglish Maxims, 2013年09月03日
【関連記事】第86回:“You see what I mean?”―「言ってることわかる?」(日常会話), ジム佐伯のEnglish Maxims, 2013年09月05日
【関連記事】第382回:“Yummy!” ―「おいしい!」(日常会話), ジム佐伯のEnglish Maxims, 2016年11月25日

【参考】Wikipedia(日本語版英語版
【参考】“blah blah blah”, by Kiasuさん, 世界の英語方言・スラング大辞典
【参考】“「Blah!」や「blah blah blah」ってどういう意味なのか教えて!”, ネイティブイングリッシュ
【参考】“"blah blah blah..."ってどういう意味?初心者がネイティブと話すために必要なフレーズその19”, 現地で学んだ本当に使えるネイティブ英会話
【参考】“Who, What, Why: When did we start saying 'blah, blah, blah'? (誰が、何を、なぜ:我々はいつ「blah blah blah」を使い始めたか?)”, by Magazine Monitor, BBC, 7 May 2014
【参考】“What's the origin of "yadda yadda"? (「ヤダヤダ」の起源は何か?)”, by SamClem, THE STRAIGHT DOPE, January 23, 2003
【参考】“‘TV’s 50 Funniest Phrases’: ‘Yada, yada, yada’ is No. 1 (テレビの最もおかしなフレーズ50:「ヤダ・ヤダ・ヤダ」が第一位に)”, Seacoastonline.com, May 26, 2009

【動画】“Alex Russo-blah blah blah (アレックス・ルッソ - blah blah blah)”, by AlexRussoSelenaGomez, YouTube, 2014/01/08
【動画】“I do not say "Blah blah blah"! (「Blah blah blah」なんて言ってない!)”, by Aries Wild Child, YouTube, 2015/07/13
【動画】“Hotel Transylvania -I don't say Blah blah blah (『モンスター・ホテル』より - 「Blah blah blah」なんて言ってない)”, by Lona Faraidun, YouTube, 2016/01/23
【動画】“Seinfeld Clip - The Yada-Yada (『となりのサインフェルド』より - 「ヤダヤダ」のシーン)”, by MFrancojr1, YouTube, 2011/03/31

このエントリーをはてなブックマークに追加
【アメリカ口語の最新記事】
posted by ジム佐伯 at 07:00 | ロンドン ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ口語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
スポンサーリンク / Sponsored Link

ブログパーツ