スポンサーリンク / Sponsored Link


2017年02月14日

第407回:“Here's to the fools who dream.”―「夢見る愚か者たちに乾杯」(『ラ・ラ・ランド』より)

こんにちは! ジム佐伯です。
英語の名言・格言やちょっといい言葉、日常会話でよく使う表現などをご紹介しています。



第407回の今日はこの言葉です。
“Here's to the fools who dream.”

「夢見る愚か者たちに乾杯」
という意味です。
これはデミアン・チャゼル(Damien Chazelle, 1985-)が脚本と監督を務めたアメリカのミュージカル映画『ラ・ラ・ランド(La La Land)』(2016年アメリカ)に出てくる言葉です。エマ・ストーン(Emma Stone, 1988-)が演じる主人公ミア(Mia)が劇中で歌う『オーディション(夢見る愚か者たち)(Audition (The Fools Who Dream))』という曲の冒頭の一節です。日本語版の特別映像では、
「どうか乾杯を 夢追い人に」
と字幕がついていました。
この映画、ここイギリスでは1月中旬から上映されており、僕も遅ればせながら見てきました。評判どおり、素晴らしい作品でした。

0407-emma_stone_(6855554644)_cropped.jpg
エマ・ストーン
(2012年撮影)
By Gage Skidmore from Peoria, AZ, United States of America (Emma Stone) [CC BY-SA 2.0], via Wikimedia Commons

物語の舞台は現代のロスアンゼルス。
女優になることを夢見ているミアはハリウッドの映画スタジオのカフェでアルバイトをしながらオーディションを受け続けています。しかし結果は落ちてばかり。
ある日ミアはクリスマスパーティーの帰りに、美しいピアノの音色に魅かれてジャズバーに立ち寄ります。ピアノを弾いていたのはライアン・ゴズリング(Ryan Gosling, 1980-)が演じる売れないジャズピアニストのセバスチャン(セブ)(Sebastian / Seb)。セブはジャズバーでのピアノ演奏のアルバイトや友達のバンドの助っ人をしながら、いつか自分のジャズバーを持つことを夢見ています。
実は二人は初めて会ったわけではなく、映画の冒頭で初対面をしており、お互いの第一印象は最悪です。
この二度目の対面ではミアはセブの演奏に感動しますが、セブはたった今ジャズバーをクビになったばかり。会話どころではありません。

0407-ryan_gosling_(30773438125).jpg
ライアン・ゴズリング
(2016年撮影)
By Gordon Correll (Ryan Gosling) [CC BY-SA 2.0], via Wikimedia Commons

しかし、その後も偶然が重なって二人は何度か顔を会わせます。
“It's pretty strange that we keep running into each other.”
「何度も会うなんて不思議ね」(ミア)
“Maybe it means something.”
「何か意味があるのかも」(セブ)
“I doubt it.”
「ないわ」(ミア)
“Yeah, I didn't think so.”
「ないね」(セブ)
初めはぶつかり合っていたミアとセブでしたが、やがて惹かれ合うようになり、恋に落ちます。
女優になるのが夢のミアに対して、セブの夢はいつか自分のジャズバーを持つこと。二人はお互いの夢を理解して共感し、そして励まし合います。


【動画】“「ラ・ラ・ランド」Audition映像”, by ギャガ公式チャンネル, YouTube, 2016/12/26

二人が住むロスアンゼルスは、映画や音楽でスターになることを夢見る人たちが世界中から集まっています。そしてカフェやバーでアルバイトをしながらオーディションを受けたりバンド活動をしたりするのです。ロスアンゼルスはそんな夢の街なのです。
この映画のタイトルである「ラ・ラ・ランド(La La Land)」はロスアンゼルスのニックネームでもあります。ロスアンゼルス(Los Angels)はアルファベットの頭文字で略してエル・エー(L.A.)とも呼ばれるからです。現実からかけ離れて地に足がついていない、軽薄で夢見がちで不真面目な人や心が集まる場所として、比喩的に使われることもあります。例えば、魂が抜けたように一瞬ぼんやりしてしまった人に対して、
“Where have you been: Lalaland?”
「ラ・ラ・ランドにでも行ってたの?」
などと使ったりします。
「ラ・ラ・ランド」は夢の街L.A.とそこで夢に向かって頑張っている人たちを半分からかったような呼び方なのです。
今日の言葉にもある「夢見る愚か者たち(The fools who dream)」という言葉もそんなL.A.を象徴しています。

0407-city-1031706_1920.jpg
ロスアンゼルスの夜景
By Gage Skidmore from Peoria, AZ, United States of America (Emma Stone) [CC BY-SA 2.0], via Wikimedia Commons

この映画、オープニングに突如始まるダイナミックなダンスシーンが夢のような素晴らしさで圧倒されます。まさに「つかみはオッケー」状態です。
その後も魅力ある歌や音楽や色鮮やかな衣装で飽きさせません。何よりも主役のミアを演じるエマ・ストーンのコロコロと変わる表情や美しい歌とダンスは素晴らしく、彼女の魅力がたっぷりと伝わってきます。まだセブを演じるライアン・ゴズリングが自ら演奏するピアノも素晴らしいです。


【動画】“『ラ・ラ・ランド』Music PV“Another day of sun", by ギャガ公式チャンネル, YouTube, 2017/02/15

さらに、この映画のもう一つの主役ともいえる「ラ・ラ・ランド」=L.A.の街がとても魅力的に描かれています。いつも大渋滞している高速道路、季節感のないいつも温暖な気候、トヨタのプリウスが多すぎるマイカー事情など、「あるある!」とうなずける小ネタもいっぱいです。また浜辺の桟橋や天文台、ケーブルカーなど、L.A.に旅行したことのある人や住んだことがある人には「あそこあそこ!」と嬉しくなるような風景が散りばめられています。映画を見てからL.A.を訪れて、聖地めぐりをしてみるのも楽しいかもしれません。


【動画】“「ラ・ラ・ランド」City of Stars映像, by ギャガ公式チャンネル, YouTube, 2016/12/31

この映画はミュージカル好きなアメリカ人の心をとらえて大ヒットとなり、世界中でも評判となります。
第74回ゴールデン・グローブ賞(The 74th Golden Globe Awards)では史上最多の7部門にノミネートされ、そのすべてを受賞します。
またイギリスのテレビ局BBCは、2016年の映画トップ10でこの作品を1位に選出します。
さらに第89回アカデミー賞(The 89th Academy Awards)では『タイタニック(Titanic)』(1997年アメリカ)や『イヴの総て(All About Eve)』(1950年アメリカ)に並ぶ史上最多タイの14のノミネートを獲得します。ノミネートされたのは作品賞、監督賞、主演女優賞、主演男優賞、脚本賞、撮影賞、編集賞、衣装デザイン賞、作曲賞、歌曲賞、美術賞、音響編集賞、録音賞の13部門で、歌曲賞には『シティ・オブ・スターズ(City of Stars)』『オーディション(夢見る愚か者たち)』の2曲がノミネートされています。受賞の発表は2月26日の授賞式で行われますが、賞の行方が注目されます。


“Here's to the fools who dream.”
夢見る愚か者たちに乾杯。

運命的に何度も会って恋に落ちたミアとセブ。しかしやがて二人の生活はすれ違い、心も少しずつ離れていきます。
ロスアンゼルスで夢を追いかける二人を描いた『ラ・ラ・ランド』。ハリウッド・ミュージカル映画の全盛期のテイストを感じさせつつ現代のL.A.を切り取った、とても楽しくとても切ない作品です。
『ラ・ラ・ランド』というタイトルはL.A.に夢を求めてあつまる人たちを揶揄する言葉かもしれません。でもこの映画は、そんな「夢見る愚か者たち」を温かく見守って、エールを送っているのです。
はたしてミアとセブは結ばれるのでしょうか。
それぞれの夢を叶えることができるのでしょうか。
それは映画をご覧になって下さい。


【動画】“La La Land - Final Trailer (English Subtitled) - Opens 8 Dec in Singapore (『ラ・ラ・ランド』- 最終版予告編 (英語字幕付き)”, by La La Land, YouTube, 2016/11/29

それでは今日はこのへんで。
またお会いしましょう! ジム佐伯でした。


【動画】“「ラ・ラ・ランド」本予告”, by ギャガ公式チャンネル, YouTube, 2016/12/22

【関連記事】第237回:“Here's looking at you, kid.”―「君の瞳に乾杯!」(『カサブランカ』), ジム佐伯のEnglish Maxims, 2015年09月15日
【関連記事】第7回:“If you can dream it, you can do it.”―「夢があればそれは叶う」(ウォルト・ディズニー), ジム佐伯のEnglish Maxims, 2013年04月29日

【参考】Wikipedia(日本語版英語版
【参考】“町山智浩 映画『ラ・ラ・ランド』を語る”, by たまむすび さん, miyearnZZ Labo, 2016/12/13
【参考】“映画『ラ・ラ・ランド』あらすじ・キャスト【セッションの監督が描くミュージカル】”, by coco26さん, Ciatr [シアター], 2017年2月9日
【参考】“Lalaland”, Wiktionary
【参考】“La-La Land”, Wiktionary
【参考】“『君の名は。』も選出!英BBCが選ぶ2016年ベスト映画トップ10”, シネマトゥデイ, 2016年12月26日

【動画】“「ラ・ラ・ランド」Audition映像”, by ギャガ公式チャンネル, YouTube, 2016/12/26
【動画】“「ラ・ラ・ランド」City of Stars映像, by ギャガ公式チャンネル, YouTube, 2016/12/31
【動画】“La La Land - Final Trailer (English Subtitled) - Opens 8 Dec in Singapore (『ラ・ラ・ランド』- 最終版予告編 (英語字幕付き)”, by La La Land, YouTube, 2016/11/29
【動画】“「ラ・ラ・ランド」本予告”, by ギャガ公式チャンネル, YouTube, 2016/12/22

このエントリーをはてなブックマークに追加
posted by ジム佐伯 at 07:00 | ロンドン 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446919502

この記事へのトラックバック
スポンサーリンク / Sponsored Link

ブログパーツ