スポンサーリンク / Sponsored Link


2017年01月03日

第395回:“I dream for a living.”―「生きる糧として夢を見るんだ」(スティーブン・スピルバーグ)

こんにちは! ジム佐伯です。あけましておめでとうございます。
英語の名言・格言やちょっといい言葉、日常会話でよく使う表現などをご紹介しています。



今年最初の第395回の今日はこの言葉です。
“I dream for a living.”
「生きるかてとして夢を見る」
“for a living”とは、抽象的な「生きるために」というよりも、「生活のために」という意味があります。そしてこの言葉には前振りがあります。
“I don't dream at night, I dream all day; I dream for a living.”
「僕は夜に夢を見るのではない。一日中見ているんだ。生きる糧として夢を見るんだ。」
という言葉です。
これはアメリカの映画監督スティーブン・スピルバーグ(Steven Spielberg, 1946-)の言葉です。

0395-steven_spielberg_masterclass_cinematheque_francaise_2_cropped.jpg
スティーブン・スピルバーグ(2012年撮影)
By Romain DUBOIS [CC BY-SA 3.0], via Wikimedia Commons

スティーブン・スピルバーグは1946年にアメリカのオハイオ州に生まれ、アラバマ州で育ちます。父親はコンピュータ開発の電気技師、母親はコンサートピアニストです。
ユダヤ人であることから、スティーブンは学校でひどいいじめにあっていたそうです。
スピルバーグは12歳の頃に父親の8ミリカメラで鉄道事故の映画を撮影します。自分のおもちゃであるライオネル社の鉄道模型を使ったものです。スピルバーグはほかにもいろいろな「冒険映画」を製作するようになります。
スピルバーグは17歳の頃にカリフォルニアに旅行した時、ユニバーサル・スタジオ(Universal Studios)のバスツアーに参加します。彼はツアーの途中でトイレに隠れてバスが出発してからスタジオ内を一人で歩き回り、スタッフの一人と親しくなって3日間の通行証を発行してもらい、その3日間でさらに人脈を広めます。
スピルバーグは18歳でカリフォルニア州立大学(California State University)のロングビーチ校に入学します。在学中にスピルバーグはユニバーサルスタジオで無給のインターンの仕事を得ます。そして21歳の時に短編映画『アンブリン(Amblin')』(1968年)を製作します。これが評価されてスピルバーグはユニバーサル社と契約を結び、大学は中退することになります。
この『アンブリン』は後にスピルバーグが設立した映像製作会社『アンブリン・エンターテインメント(Amblin Entertainment)』の名前の由来にもなっています。


【動画】“Stephen Spielberg - Amblin (1968) Trailer (スティーブン・スピルバーグ - 『アンブリン』(1968年)予告編)”, by mrmovieman34, YouTube, 2010/10/06

1971年、24歳のスピルバーグはテレビ用映画『激突!(Duel)』を監督します。この作品は低予算で単純なストーリーながら素晴らしい演出のサスペンス作品で、大評判となります。日本やヨーロッパでは劇場公開され、無名だったスピルバーグはアメリカだけでなく世界中で有名になります。
1974年にはスピルバーグが初めて監督した劇場用映画『続・激突!/カージャック(The Sugarland Express)』が製作されます。『激突!』とはなんの関係もない作品ですが、日本ではプロモーションのため続編であるかのようなひどい邦題がつけられます。


【動画】“Duel (1971) Official Trailer - Dennis Weaver, Steven Spielberg Thriller Movie HD (『激突!』(1971年)公式予告編 - デニス・ウィーバー、スティーブン・スピルバーグ)”, by Movieclips Trailer Vault, YouTube, 2014/06/12

1975年、人食いザメの恐怖を描いた『ジョーズ(Jaws)』が公開されます。
その恐怖演出は今や伝説ともなっており、その後多くの作品に引用されたり、パロディとして使われたりします。この映画は『ゴッドファーザー(The Godfather)』(1972年)の記録を破って世界歴代興行収入1位となる大ヒットとなります。スピルバーグはこの作品で一流監督としての名声が確立します。


【動画】“Jaws Official Trailer #1 - Richard Dreyfuss, Steven Spielberg Movie (1975) HD (『ジョーズ』公式予告編 - リチャード・ドレイファス、スティーブン・スピルバーグ(1975年))”, by Movieclips Trailer Vault, YouTube, 2011/12/12

その後のスピルバーグの活躍はご存じの通りです。
主な監督作品だけを並べてみてもすごいラインナップです。書ききれないので厳選しました。ご了承ください。

『未知との遭遇(Close Encounters of the Third Kind)』(1977年)
『レイダース/失われたアーク《聖櫃》(Raiders of the Lost Ark)』(1981年)
『E.T.(E.T. the Extra-Terrestrial)』(1982年)
『インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説(Indiana Jones and the Temple of Doom)』(1984年)
『太陽の帝国(Empire of the Sun)』(1987年)
『オールウェイズ(Always)』(1989年)
『ジュラシック・パーク(Jurassic Park)』(1993年)
『シンドラーのリスト(Schindler's List)』(1993年)
『プライベート・ライアン(Saving Private Ryan)』(1998年)
『A.I.(Artificial Intelligence: AI)』(2001年)
『宇宙戦争(War of the Worlds)』(2005年)


【動画】“ET The Extra Terrestrial (1982) Official 20th Anniversary Trailer Movie HD (『E.T.』(1982年)20周年記念公式予告編)”, by Movieclips Trailer Vault, YouTube, 2014/02/21

製作総指揮をした作品もすごいです。これも書ききれないので一部だけ挙げてみます。

『グレムリン(Gremlins)』(1984年)
『バック・トゥ・ザ・フューチャー(Back to the Future)』(1985年)
『グーニーズ(The Goonies)』(1985年)
『インナー・スペース(Inner Space)』(1987年)
『ロジャー・ラビット(Who Framed Roger Rabbit)』(1988年)
『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2(Back to the Future Part II)』(1989年)
『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3(Back to the Future Part III)』(1990年)
『ツイスター(Twister)』(1996年)
『メン・イン・ブラック(Men in Black)』(1997年)
『ディープ・インパクト(Deep Impact)』(1998年)
『シュレック(Shrek)』(2001年)
『トランスフォーマー(Transformers)』(2007年)
『ジュラシック・ワールド(Jurassic World)』(2015年)


【動画】“Back To The Future (1985) Theatrical Trailer - Michael J. Fox Movie HD (『バック・トゥ・ザ・フューチャー』(1985年)劇場版予告編 - マイケル・J・フォックス)”, by Movieclips Trailer Vault, YouTube, 2013/11/15

スピルバーグの作品の特徴はいろいろあります。
無駄がないアクション、容赦のないたたみかけるような恐怖演出、宇宙や古代ロマンへの夢、希望と人間愛にあふれたストーリー、最新技術を使った驚くような映像などでしょうか。
一時は「スピルバーグ」という名前が入っているだけで作品の質が保証され、大ヒット間違いなしという時代もありました。
アカデミー賞ではいくつもの作品がノミネートされ、『シンドラーのリスト』では監督賞と作品賞を、『プライベート・ライアン』でも監督賞を受賞します。


【動画】“Schindler's List | Official Trailer (『シンドラーのリスト』予告編)”, by PictureBox, YouTube, 2014/10/30

“I dream for a living.”
生きる糧として夢を見るんだ。

2017年のお正月、みなさんはどんな初夢を見ましたか。
多くの作品で世界中の人たちに夢を与え続けてきたスピルバーグ。
今後もいろんな夢を見て、すばらしい作品を作り続けて欲しいものです。


【動画】“Steven Spielberg Dreams For a Living (スティーブン・スピルバーグ:「生きる糧のために夢を見る」)”, by TheHeartOf TheEntrepreneur, YouTube, 2013/08/15

それでは今日はこのへんで。
またお会いしましょう! ジム佐伯でした。

【関連記事】第110回:“Life will find a way.”―「生命は必ず道を見つける」(ジュラシック・パーク), ジム佐伯のEnglish Maxims, 2013年10月17日
【関連記事】第82回:“Back to the Future!”―「未来へ戻れ!」(バック・トゥ・ザ・フューチャー), ジム佐伯のEnglish Maxims, 2013年08月29日
【関連記事】第127回:“I dream my painting and I paint my dream.”―「絵を夢に見て、夢を絵に描く」(ゴッホ), ジム佐伯のEnglish Maxims, 2013年11月16日
【関連記事】第113回:“Writing a novel is like having a dream.”―「小説を書くことは夢を見るようなものだ」(村上春樹), ジム佐伯のEnglish Maxims, 2013年10月22日

【参考】Wikipedia(日本語版英語版
【参考】“Show Business: I Dream for a Living (ショービジネス:生きる糧として夢を見る)”, By Richard Corliss, Monday, July 15, 1985
【参考】“I Dream For A Living (生きる糧として夢を見る)”, By Richard Corliss, Monday, July 15, 1985
【参考】“「I dream for a living」スピルバーグの名言で…”, By toy_poo_chanさん, Yahoo!知恵袋, 2013/4/12

【動画】“Stephen Spielberg - Amblin (1968) Trailer (スティーブン・スピルバーグ - 『アンブリン』(1968年)予告編)”, by mrmovieman34, YouTube, 2010/10/06
【動画】“Duel (1971) Official Trailer - Dennis Weaver, Steven Spielberg Thriller Movie HD (『激突!』(1971年)公式予告編 - デニス・ウィーバー、スティーブン・スピルバーグ)”, by Movieclips Trailer Vault, YouTube, 2014/06/12
【動画】“Jaws Official Trailer #1 - Richard Dreyfuss, Steven Spielberg Movie (1975) HD (『ジョーズ』公式予告編 - リチャード・ドレイファス、スティーブン・スピルバーグ(1975年))”, by Movieclips Trailer Vault, YouTube, 2011/12/12
【動画】“ET The Extra Terrestrial (1982) Official 20th Anniversary Trailer Movie HD (『E.T.』(1982年)20周年記念公式予告編)”, by Movieclips Trailer Vault, YouTube, 2014/02/21
【動画】“Back To The Future (1985) Theatrical Trailer - Michael J. Fox Movie HD (『バック・トゥ・ザ・フューチャー』(1985年)劇場版予告編 - マイケル・J・フォックス)”, by Movieclips Trailer Vault, YouTube, 2013/11/15
【動画】“Schindler's List | Official Trailer (『シンドラーのリスト』予告編)”, by PictureBox, YouTube, 2014/10/30
【動画】“Steven Spielberg Dreams For a Living (スティーブン・スピルバーグ:「生きる糧のために夢を見る」)”, by TheHeartOf TheEntrepreneur, YouTube, 2013/08/15

このエントリーをはてなブックマークに追加
posted by ジム佐伯 at 07:00 | ロンドン 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/444885166

この記事へのトラックバック
スポンサーリンク / Sponsored Link

ブログパーツ