スポンサーリンク / Sponsored Link


2016年12月01日

第384回:“I don't like defining myself. I just am.” ―「私は私を限定したくない。私は私なの」(ブリトニー・スピアーズ)

こんにちは! ジム佐伯です。
英語の名言・格言やちょっといい言葉、日常会話でよく使う表現などをご紹介しています。



第384回の今日はこの言葉です。
“I don't like defining myself. I just am.”

「私は私を限定したくない。私は私なの」
という意味です。
“define”とは「定義する」というのがもともとの意味です。ここでは、「境界を定める」「限定する」などといった意味となります。
これはアメリカの歌手、ブリトニー・スピアーズ(Britney Spears, 1981-)の言葉です。彼女が18歳の時に母親と共同執筆した著書『Britney Spears' Heart To Heart』(2000年)の中に書かれています。

0384-if_you_seek_amy.jpg
ブリトニー・スピアーズ(2009年撮影)
By Compulsiveprep_8 ([1]) [CC BY 2.0], via Wikimedia Commons

ブリトニー・スピアーズは1981年にミシシッピ州の地方都市マコーム(McComb)に生まれ、3歳の頃からルイジアナ州のケントウッド(Kentwood)という小さな町で育ちます。まさに南部生まれの南部育ちです。
小さな頃からダンスや声楽、体操を習い、5歳の時にクリスマス・リサイタルで独唱したり、コンテストの州大会などで活躍したりしたそうです。
ブリトニーは8歳の時にディズニー・チャンネルの『ミッキーマウス・クラブ(Mickey Mouse Club)』という番組のオーディションに参加します。この時は「年齢が低すぎる」という理由で落選しますが、ブリトニーは11歳の時に再びオーディションをうけて合格し、1993年のシーズン6からレギュラー出演して大人気となります。


【動画】“Mickey Mouse Club - Season 6 Opening (1993) (『ミッキーマウス・クラブ』 - シーズン6オープニング)”, by TheMMCchannel, YouTube, 2015/04/24

1998年、ブリトニーは16歳の時にシングル『ベイビー・ワン・モア・タイム (...Baby One More Time)』で歌手デビューします。この曲は全米1位、全英1位にとどまらず、世界10ヶ国以上でシングルチャートの1位となり、世界でなんと915万枚を売り上げて19ヶ国でプラチナディスクを獲得します。
また翌1999年にリリースした同名のデビューアルバムは全米、カナダ、スイスなどでアルバムチャート1位となり、売上はアメリカだけで1700万枚を突破、世界で3000万枚を超えるウルトラヒットとなり、35ヶ国でプラチナディスクを獲得します。


【動画】“Britney Spears - ...Baby One More Time (ブリトニー・スピアーズ - 『ベイビー・ワン・モア・タイム』)”, by BritneySpearsVEVO, YouTube, 2009/10/24

ブリトニーはその後もヒット作を連発します。6枚目のシングル『ウップス!…アイ・ディド・イット・アゲイン(Oops!... I Did It Again)』(2000年)は1週間で155局のラジオ局のプレイ・リストにエントリーしてアメリカの最高記録を塗り替えます。また同名のセカンドアルバムは世界で2000万枚を超えるヒットとなります。
この頃、ブリトニーはイン・シンク('N Sync)のリード・シンガーで人気絶頂だったジャスティン・ティンバーレイク(Justin Timberlake, 1981-)と交際します。ジャスティンはブリトニーが12歳で『ミッキーマウス・クラブ』に出演者の一人でもあります。しかし交際は長続きせず、破局に終わります。


【動画】“Britney Spears - Oops!...I Did It Again (Official Video) (ブリトニー・スピアーズ - 『ウップス!…アイ・ディド・イット・アゲイン』公式ビデオ)”, by BritneySpearsVEVO, YouTube, 2009/10/25

2001年、20歳になる直前にリリースしたサードアルバム『ブリトニー(Britney)』の頃から、ブリトニーは徐々に大人の女性をアピールするようになり、2003年のフォースアルバム『イン・ザ・ゾーン(In The Zone)』では、アイドル路線からセクシー路線に完全に脱皮した姿を見せます。
2004年にシングルカットした『トキシック(Toxic)』はカナダやイギリス、オーストラリアやドイツなどでシングル売上1位を獲得します。全米チャートのビルボード・ホット100(Builboard Hot 100)では最高9位でしたが、ダウンロードチャートでは1位となります。年内に世界で540万枚以上を売り上げる大ヒットです。
この曲は評論家からも音楽業界からも非常に高い評価を受けます。翌年2月に発表された第47回グラミー賞(47th Grammy Awards)では最優秀ダンス・レコーディング賞(Best Dance Recording)を受賞し、ブリトニーのグラミー賞初受賞となります。また、1億円以上の予算で制作された『トキシック』のプロモーション・ビデオでは体中にスワロフスキー(Swarovski)のクリスタルグラスだけを貼り付けた姿でのダンスを披露し、大きな話題となります。イギリスの雑誌『テレグラフ(Telegraph)』はこのビデオを「もっともセクシーなミュージックビデオ(The Sexiest Music Video)」に選びます。


【動画】“Britney Spears - Toxic (Official Video) (ブリトニー・スピアーズ - 『トキシック』公式ビデオ)”, by BritneySpearsVEVO, YouTube, 2009/10/25

2004年の9月、ブリトニーはダンサーのケビン・フェダーライン(Kevin Federline)と結婚します。同年11月に初のベストアルバム『グレイテスト・ヒッツ:マイ・プリロガティヴ(Greatest Hits: My Prerogative)』を発売したブリトニーは、休業宣言をして活動を休止します。
2005年の8月にブリトニーは妊娠を発表し、雑誌でマタニティーヌードを披露します。そして同年9月に長男を出産、さらに翌2006年の9月に次男を出産します。しかしブリトニーは次男を出産した2ヶ月後に「妥協し難い相違(Irreconcilable differences)」を理由に離婚を申し立て、協議の末に離婚が成立します。
その後のブリトニーは奇行が目立つようになります。ラスベガスのカジノでギャンブルをしたりナイトクラブで夜遊びをしたりというのはまだおとなしい方で、バリカンで自ら坊主刈りにしたり、パパラッチを傘で叩いたりとお騒がせ行動が続きます。ドラッグやアルコールを常用しているとも言われ、更生施設に入所したこともあります。
2007年には店の駐車場で車をぶつけ、相手の車のバンパーを傷つけたまま立ち去ります。さらに運転免許を所持していなかったことも発覚し、ブリトニーは当て逃げと無免許運転の容疑で告訴されます。


【動画】“Britney Spears - Hit and Run! (ブリトニー・スピアーズ - 当て逃げ!)”, by UGLYcelebrities, YouTube, 2008/07/06

たび重なる奇行やドラッグ疑惑、当て逃げと無免許運転の刑事告訴などにより、ブリトニーは2007年に2人の息子の親権を元夫のケビンに奪われます。しかし翌年1月にケビンが息子たちを引き取ろうとした際に、ビバリーヒルズの自宅で息子たちと過ごしていたブリトニーはこれを拒否し、警察が出動する騒ぎとなります。ブリトニーは薬物使用を疑われ、精神状態の医学検査を行なうため救急車で病院に搬送されます。ブリトニーは搬送先のUCLA病院で治療が必要と判断され、結局1週間強制的に入院させられることになります。そしてこの騒ぎで息子たちへの面会権を失います。


【動画】“abc video (britney taken to hospital) (ABCニュース(ブリトニー病院に運ばれる))”, by genadav1229, YouTube, 2008/01/07

その後、裁判所はブリトニーの父親を成年後見人(adult guardian)に選出し、ブリトニーは1ヶ月ぶりに息子たちとの面会権を回復します。親権は引き続きケビンが保持することになりますが、裁判所の仲介で親権争いは和解が成立します。
2008年にブリトニーはシングル『ウーマナイザー(Womanizer)』を発表します。この曲はデビューシングル以来の全米1位を獲得した上に、自身の作品で最も売れたシングルとなります。続いて発売された6作目のアルバム『サーカス(Circus)』は発売2ヶ月の売上が世界で400万枚を突破します。ブリトニー完全復活です。


【動画】“Britney Spears - Womanizer (Director's Cut) (ブリトニー・スピアーズ - 『ウーマナイザー』ディレクターズ・カット)”, by BritneySpearsVEVO, YouTube, 2009/10/25

お騒がせな奇行がマスコミを騒がすブリトニーですが、さまざまな迷言も注目を集めます。
“I get to go to lots of overseas places, like Canada.”
「私はたくさん海外に行かなければならないの。カナダとか」
ブリトニーはカナダが地続きであると思っていないのかもしれません。
“I've never really wanted to go to Japan. Simply because I don’t like eating fish. And I know that's very popular out there in Africa.”
「私は日本に本当に行きたいと思ったことは一度もないわ。単に魚を食べるのがきらいなの。そしてアフリカでは魚はとても人気があるのよね」
ブリトニーは日本がアフリカにあると思っているのかもしれません。

0384-britney_spears_2013_(straighten_crop).jpg
ブリトニー・スピアーズ(2013年撮影)
By Glenn Francis Uploaded by MyCanon (Britney Spears) [GFDL or CC BY-SA 4.0-3.0-2.5-2.0-1.0], via Wikimedia Commons

“I don't like defining myself. I just am.”
私は私を限定したくない。私は私なの。

いろいろな奇行や迷言でマスコミをにぎわせ続けてきたブリトニー。
一時期はお騒がせが過ぎて、起訴されたり入院させられたりしました。
激太りと言われたこともありましたが、最近では雑誌やライブで2児の母とは思えない引き締まった体形を披露しています。
今年5月のビルボード・ミュージック・アウォードではブリトニーはオープニング・アクトを務め、「完全復活」と絶賛をあびます。
これからもその抜群の歌唱力とダンスパフォーマンスで、お騒がせだけではない話題を提供し続けてほしいものです。


Women's Health [US] January - February 2015 (単号)

それでは今日はこのへんで。
またお会いしましょう! ジム佐伯でした。


【動画】“Britney Spears SLAYS 2016 Billboard Music Awards Opening Performance (ブリトニー・スピアーズが2016年ビルボード・ミュージック・アウォードの開会セレモニーで圧倒)”, by Hollyscoop, YouTube, 2016/05/22

【関連記事】第37回:“How are you doing?”―「調子はどうだい?」(日常会話), ジム佐伯のEnglish Maxims, 2013年06月11日
【関連記事】第84回:“I won’t be happy till I’m as famous as God.”―「神様よりも有名になる」(マドンナ), ジム佐伯のEnglish Maxims, 2013年09月01日
【関連記事】第372回:“That's hot!” ―「それってイケてる!」(パリス・ヒルトン), ジム佐伯のEnglish Maxims, 2016年10月26日

【参考】Wikipedia(日本語版英語版
【参考】“10 Britney Quotes That’ll Make You Scratch Your Head (頭をかきむしりたくなるブリトニーの10の名言)”, by Jess Cohen, teen.com, January 7, 2014
【参考】“ブリトニー・スピアーズの迷言 【英語の名言・格言・ことわざ】”, by ナカヤンさん, 英語の名言・格言・ことわざ
【参考】“お久しぶり!ブリトニー・スピアーズは現在どうしてる?お騒がせセレブの今”, by Akky, LAUGHY[ラフィ] オトナ女子にもっとハッピーな休日を, 2015.09.08
【参考】“ブリトニー・スピアーズ、完全復活!ビルボードミュージックアワードで見せたオープニングアクトが「神すぎる」と話題に【動画】”, by 3番DHブライアント, Aol. NEWS, 2016年05月23日

【動画】“Mickey Mouse Club - Season 6 Opening (1993) (『ミッキーマウス・クラブ』 - シーズン6オープニング)”, by TheMMCchannel, YouTube, 2015/04/24
【動画】“Britney Spears - ...Baby One More Time (ブリトニー・スピアーズ - 『ベイビー・ワン・モア・タイム』)”, by BritneySpearsVEVO, YouTube, 2009/10/24
【動画】“Britney Spears - Oops!...I Did It Again (Official Video) (ブリトニー・スピアーズ - 『ウップス!…アイ・ディド・イット・アゲイン』公式ビデオ)”, by BritneySpearsVEVO, YouTube, 2009/10/25
【動画】“Britney Spears - Toxic (Official Video) (ブリトニー・スピアーズ - 『トキシック』公式ビデオ)”, by BritneySpearsVEVO, YouTube, 2009/10/25
【動画】“Britney Spears - Hit and Run! (ブリトニー・スピアーズ - 当て逃げ!)”, by UGLYcelebrities, YouTube, 2008/07/06
【動画】“abc video (britney taken to hospital) (ABCニュース(ブリトニー病院に運ばれる))”, by genadav1229, YouTube, 2008/01/07
【動画】“Britney Spears SLAYS 2016 Billboard Music Awards Opening Performance (ブリトニー・スピアーズが2016年ビルボード・ミュージック・アウォードの開会セレモニーで圧倒)”, by Hollyscoop, YouTube, 2016/05/22

このエントリーをはてなブックマークに追加
posted by ジム佐伯 at 07:00 | ロンドン | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
スポンサーリンク / Sponsored Link

ブログパーツ