スポンサーリンク / Sponsored Link


2016年10月02日

第364回:“Who killed Cock Robin?” ―「だーれが殺したクックロビン♪」(パタリロ)

こんにちは! ジム佐伯です。
英語の名言・格言やちょっといい言葉、日常会話でよく使う表現などをご紹介しています。



第364回の今日はこの言葉です。
“Who killed Cock Robin?”

「誰がコックロビン(コマドリ)を殺したか?」
というのが文字通りの意味です。
これは魔夜峰央まやみねお(Mineo Maya, 1953-)が執筆している漫画『パタリロ!(Patalliro!)』に出てくる言葉です。
「だーれが殺したクックロビン♪」
というセリフや歌は作品を代表するギャグの一つで、『クックロビン音頭』という歌にもなっています。



物語の舞台は大西洋のバミューダ・トライアングルに浮かぶ常春とこはるの島国マリネラ王国。10歳で即位した若き国王パタリロ・ド・マリネール8世が主人公パタリロです。パタリロは見た目はずんぐりとした小太りの子供ですが、天才的な頭脳と超人的な身体能力の持ち主。側近のタマネギ部隊やイギリスの諜報機関MI6のスパイであるバンコランなど共にいつも騒動を引き起こします。ダイヤモンドの輸出による豊富な財力と時代を超越した技術力で次々と登場する様々なメカ、たたみかけるようなギャグと目まぐるしいキャラクターたちの変身、スパイアクションから時代劇、ミステリーやSFからオカルトまでのバラエティーに富んだストーリーが人気の作品です。


【動画】“パタリロ! OP (covered by sundaytube02)”, by kaukanip, YouTube, 2011/06/12

『クックロビン音頭』の歌詞は、イギリスなどに古くから伝わる童謡「マザー・グース(Mother Goose)」から来ています。
マザー・グースの中に『誰がコック・ロビンを殺したか(Who Killed Cock Robin?)』という一編があるのです。なんだか物騒なタイトルですね。
コック・ロビンとはオスのコマドリのことで、日本でこの歌は『駒鳥のお葬式』や『誰が駒鳥殺したの』などと呼ばれることもあります。コマドリの死から埋葬までが歌われています。
ここでのロビンとはヨーロッパコマドリ(European Robin)のことを指しています。イギリスでは国鳥にもなっているなじみ深い鳥で、さまざまな伝承にも登場します。

0364-european_robin_aka.jpg
ヨーロッパコマドリ(European Robin)
By André Karwath aka Aka (Own work) [CC BY-SA 2.5], via Wikimedia Commons

さて、歌の冒頭を見てみましょう。
“Who killed Cock Robin?
 I, said the Sparrow,
 With my bow and arrow,
 I killed Cock Robin.”


「誰が殺した、駒鳥の雄を」
「そぉれは私よ」雀がこう云った。
「私の弓で、私の矢羽で、
 私が殺した、駒鳥の雄を」


(訳:北原白秋『まざあ・ぐうす』より)
1行目と4行目、2行目と3行目がきれいに韻を踏んでいますね。そしてなんと、早くも雀が自白しちゃっています。しかしその後も誰も雀を責めることもなく、歌は14番まで続きます。


【動画】“The Death and Burial of poor Cock Robin – Nursery Rhyme with Karaoke (かわいそうなコマドリの死と埋葬)”, by APPUSERIES, YouTube, 2015/01/18

この唄をモチーフにした名作少女漫画が、萩尾はぎお望都もと(Moto Hagio, 1949-)の代表作『ポーの一族』に収録されている『小鳥の巣』です。
『小鳥の巣』の舞台は1959年の西ドイツのケルン郊外にある川の中州に建つ古城を改修した高等中学校ギムナジウム。イギリスから転校してきたエドガーとアランは、ある秘密を持っています。二人はギムナジウムに伝わる「魔の五月」と「ロビン・カーの幽霊」という伝説に興味を持ち、その謎を追い始めます。エドガーが「ロビン・カーの幽霊」のことを聞いたときに歌ったのがマザー・グースの「誰がコック・ロビンを殺したか」です。
「だあれが殺した?クック・ロビン」
「それはわたし」とスズメがいった。
「わたしの弓と矢羽で。
 わたしが殺した。クック・ロビンを」
ここでも北原白秋の訳に近い訳が使われていますね。「コック・ロビン」がなぜ「クック・ロビン」となっているのかは明らかにされていません。


ポーの一族 ドラマCD(全6巻) 第6巻 「小鳥の巣」収録

『パタリロ!』では、このクック・ロビンの唄に合いの手と変な振りがつけられて、パタリロやタマネギ部隊、バンゴランたちが「だーれが殺したクックロビン♪」と歌い踊ります。
『クックロビン音頭』です。
初期にはパタリロたちが『小鳥の巣』風の衣装をつけて踊っていたり、「すばらしい。小鳥の巣以来の感激だ」というセリフがあったりしました。『小鳥の巣』のパロディであることは間違いないと思われます。
このセリフは『パタリロ!』の代表的なギャグの一つとなり、クックロビン音頭はアニメのエンディングテーマにもなります。


【動画】“パタリロ! ED2 [クックロビン音頭]”, by @@mushisound@@, YouTube, 2013/09/09

“Who killed Cock Robin?”
誰がクックロビンを殺したか。

『パタリロ!』のギャグは名作少女漫画のパロディで、さらにそれはマザー・グースをモチーフにしたものでした。
元ネタであるマザー・グースは、『ロンドン橋』のような言葉遊びの歌でした。
1978年に『花とゆめ』で連載が開始された『パタリロ!』は1982年にアニメ化され、1983年には映画にもなりました。
2016年現在でも『別冊花とゆめ』で連載が続いており、200巻の『こち亀』にはかないませんが単行本も96巻発売されています。
そして今年の12月、なんと『パタリロ!』が舞台化もされます。
舞台でクックロビン音頭を見ることができるかどうかはわかりません。でも見たいような見たくないような気がします。



それでは今日はこのへんで。
またお会いしましょう! ジム佐伯でした。

【関連記事】第320回:“London Bridge Is Broken Down” ―「ロンドン橋落ちた」(イギリスの童謡), ジム佐伯のEnglish Maxims, 2016年05月24日

【参考】Wikipedia(日本語版英語版
【参考】“誰が殺したクックロビンとは?”, by makurisanさん, Yahoo!知恵袋, 2007/10/20
【参考】“舞台「パタリロ!」公式サイト”, by ネルケプランニング

【動画】“パタリロ! OP (covered by sundaytube02)”, by kaukanip, YouTube, 2011/06/12
【動画】“The Death and Burial of poor Cock Robin – Nursery Rhyme with Karaoke (かわいそうなコマドリの死と埋葬)”, by APPUSERIES, YouTube, 2015/01/18
【動画】“パタリロ! ED2 [クックロビン音頭]”, by @@mushisound@@, YouTube, 2013/09/09

このエントリーをはてなブックマークに追加
posted by ジム佐伯 at 07:00 | ロンドン | Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
スポンサーリンク / Sponsored Link

ブログパーツ