スポンサーリンク / Sponsored Link


2016年05月06日

第311回:“Pastaaaaa!” ―「パスターーーーー!」(イタリア)(『Axis Powersヘタリア』より)

こんにちは! ジム佐伯です。
英語の名言・格言やちょっといい言葉、日常会話でよく使う表現などをご紹介しています。


ヘタリア Axis Powers vol.1【初回限定版】 [DVD]

第311回の今日はこの言葉です。
“Pastaaaaa!”
「パスタ!」
という意味です。本来は
“Pasta!”
と表記すべきですが、アニメのセリフで「パスターーーーー!」と伸ばしていますので、
“Pastaaaaa!”
と記載しています。
“Paaaaastaaaaa!”
“PASSSSTAAAAAA”

などと書かれたりもします。
これは日丸屋秀和(Hidekaz Himaruya, 1985-)の原作による漫画やアニメ『Axis Powersヘタリア(Hetalia: Axis Powers)』に出てくる言葉です。


ヘタリア Axis Powers (バーズ エクストラ)

『Axis Powersヘタリア』は様々な時代における世界の国々を擬人化したコメディ作品です。
「Axis Powers」とは文字通り第二次世界大戦での「枢軸国」を表します。
「ヘタリア」は枢軸国の一つだったイタリアを揶揄した言葉で、
「ヘタリア」という語自体は、2ちゃんねるの軍事板で第二次世界大戦におけるイタリア軍の惰弱さを評して「へたれなイタリア」の意で用いられたのを発祥とする。
― Wikipediaより
と説明されています。


ヘタリア Axis Powers vol.2【初回限定版】 [DVD]

アニメの冒頭、各国の擬人化キャラクターが集まって会議をしています。
仕切っているのはのはアメリカ。何でも自分中心に進めようとするアメリカですが、イギリスフランスが勝手なことを言って話がまとまりません。
ロシア中国もマイペースで、ギリシャは居眠りをしている始末です。
我慢できなくなったドイツが議論を厳格に仕切ろうとしたその時、イタリアが挙手をして発言します。その時のイタリアの発言が、今日の言葉です。
“Paaaaastaaaaa!”
「パーースターーーーー!」


【動画】“Hetalia: Axis Powers on DVD 9/14/10 - The World Conference! - Episode Clip (Axis Powers ヘタリア:エピソード1「世界会議!」)”, by FUNimation, YouTube, 2010/07/16

イタリアの擬人化キャラクターは女性好きで陽気なラテン気質の持ち主です。戦争にはめっぽう弱いヘタレですが、芸術には素晴らしいセンスを発揮します。先ほどのセリフも、戦争中にアフリカ戦線の砂漠でもパスタを茹でていたというパスタ好きな逸話から来たものです。
ほかにも生真面目で苦労性ながら短気で我儘で謹厳実直で規律とマニュアルにとことん従うドイツ、明るくパワフルで正義感が強いけれども強引かつマイペースで自分が主役でないと気が済まないアメリカ、英国紳士を自負しつつも意地っ張りな皮肉屋で酒癖が悪く味オンチのイギリス、愛情表現豊かで華やかながらも気取り屋で高飛車で慇懃無礼でイギリスとすこぶる仲が悪いフランス、ウォッカが大好きで一見素朴で温和そうに見えても無邪気な残酷さを隠しもせず領土拡張には積極的なロシア、世界中に別荘(=中華街)を持ちあちこちで兄貴風を吹かすけれども全然兄貴っぽく扱ってもらえずパンダは誰にでも愛される一方で自作のキャラクター商品はパクリと批判される中国など、各国の歴史や国民性をよくとらえたキャラクターが数多く登場します。
日本は小柄で童顔、真面目で堅物、機械いじりと絵画が得意であまり意見を強く主張しないけれどもマニアックでキレると手がつけられないキャラクターとして登場します。


ヘタリア Axis Powers vol.3【初回限定版】 [DVD]

『ヘタリア』では日本がドイツとイタリアと同盟を組んで戦った第二次世界大戦だけでなく、第一次世界大戦や現代、中世や古代など、いろいろな時代の出来事が描かれます。バルト三国などの日本人には若干なじみの薄い国や、イタリアのご先祖ローマじいちゃん、ドイツの先輩である神聖ローマプロイセンなども擬人化キャラで登場します。国際的に承認されていないシーランドなどのミクロネーションも出てきます。


ヘタリア Axis Powers vol.4【初回限定版】 [DVD]

この作品は作者自身のWebサイトで公開されたWeb4コマ漫画から始まります。
アメリカのニューヨークシティに留学していた作者は、世界中の国から集まっていた友人たちから聞いたステレオタイプやエスニックジョークを作品にちりばめています。極端ながらも愛すべきキャラクターとかわいらしい絵柄、バカバカしいながらも各国の特徴や歴史をよくとらえたエピソードとグローバルな作風は人気となります。
コミックス化やドラマCD化、Webアニメ化されてさらに人気を呼び、DVDも発売。海外でもファンやコスプレイヤーが現れます。そして日本では映画化やゲーム化、そしてまさかのミュージカル化も実現します。

0311-hetalia_(8393635981).jpg
ヘタリアのコスプレイヤー
(ベラルーシとハンガリー)
By Stefan Schubert (Hetalia), cropped by Jim Saeki on 2nd May 2016 [CC BY 2.0], via Wikimedia Commons

“Paaaaastaaaaa!”
パーースターーーーー!

輝かしい古代ローマの歴史を誇りながら近代以降はそれほど経済的に栄えていないイタリア。
『Axis Powersヘタリア』でも、さんざんヘタレ扱いされています。
しかしその歴史と風土、芸術と料理、明るく大らかな人たちが世界の人々を魅了してやまないイタリア。
今でも多くの人がイタリアを訪れています。
そして何よりも、美味しいパスタは世界中の人々に愛されています。


【動画】“Hetalia: Axis Powers Official Trailer (Axis Powers ヘタリア公式予告編)”, by AnimeLab, YouTube, 2015/05/19

それでは今日はこのへんで。
またお会いしましょう! ジム・ヘタリアーノでした。


【動画】“映画『銀幕ヘタリア Axis Powers Paint it, White(白くぬれ!)』特報”, by シネマトゥデイ, YouTube, 2010/05/13

【関連記事】第42回:“By all means, Rome.”―「なんといってもローマです」(ローマの休日), ジム佐伯のEnglish Maxims, 2013年06月20日
【関連記事】第43回:“Rome wasn't built in a day.”―「ローマは一日にしてならず」(ことわざ), ジム佐伯のEnglish Maxims, 2013年06月22日
【関連記事】第44回:“All roads lead to Rome.”―「すべての道はローマに通ず」(ことわざ、ラ・フォンティーヌほか), ジム佐伯のEnglish Maxims, 2013年06月23日

【参考】Wikipedia(日本語版英語版
【参考】“Axis Powersヘタリア (作者のWebサイト)”, by Hidekaz Himaruya, KITAYUME
【参考】“アニメ『Axis Powersヘタリア』公式サイト”, ヘタリアドットコム

このエントリーをはてなブックマークに追加
posted by ジム佐伯 at 07:00 | ロンドン ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
スポンサーリンク / Sponsored Link

ブログパーツ