スポンサーリンク / Sponsored Link


2016年04月30日

第308回:“Time flies.” ―「光陰矢の如し」(ことわざ)

こんにちは! ジム佐伯です。
英語の名言・格言やちょっといい言葉、日常会話でよく使う表現などをご紹介しています。

0308-yabusame_2009_in_zushi.jpg
By Urashimataro (Own Work) [Public domain], via Wikimedia Commons

第308回の今日はこの言葉です。
“Time flies.”
「時間は飛ぶ」
というのが文字通り意味です。
「時間は飛ぶように過ぎ去って行く」
から、
「時が経つのはとても速い」
という意味のことわざです。

0308-time_flies_clock_busy_and_goes_by_quickly.jpg
By Stuart Miles, published on 02 March 2014. Image courtesy of FreeDigitalPhotos.net

この言葉、もともとはラテン語の、
Tempus fugit
(テンプス・フーテ)
という言葉から来ています。意味は同じです。
西欧ではこの言葉がよく日時計などに刻まれています。

0307-tempus_fugit_sundial_versus_digital_clock.jpg
「Tempus fugit」と刻まれた日時計
By This file is a work by Emilio J. Rodríguez-Posada. Please, credit this: emijrp (CC-BY-SA) I would appreciate being notified (emijrpgmail.com) if you use it outside Wikimedia More of my work can be found in my wikigallery (category) and on Flickr (Self-published work by emijrp) [GFDL, CC-BY-SA-3.0 or CC BY-SA 2.5-2.0-1.0], via Wikimedia Commons

この言葉が最初に使われたのは古代ローマの詩人ウェルギリウス(Publius Vergilius Maro, 70-19 BC)と言われています。英語読みで「ヴァージル(Virgil)」とも呼ばれる人物です。
ウェルギリウスの『農耕詩(Georgics)』(29 BC)に、次の一節が書かれています。
“Sed fugit interea,
 fugit irreparabile tempus,
 singula dum capti circumvectamur amore”

(セード・フジーティ・インフェリア、
 フジーティ・イレパラビレ・テンッス、
 スィングラ・ドゥム・カープティ・チルクムヴェクタムル・アーレ)
「しかしその間にそれは飛び去る。
 取り返しのつかないほどに時は飛び去る。
 愛に執着してあてもなく彷徨さまよう間に。」
という意味です。

0308-publius_vergilius_maro1.jpg
ナポリにあるウェルギリウスの墓前にある胸像(Wikipediaより)
By A. Hunter Wright (Own work) [CC BY-SA 2.5], via Wikimedia Commons

日本にも、
光陰こういん矢のごとし」
ということわざがありますね。
「光」は日、「陰」は月のことで、光陰は歳月や時間を表します。
歳月は矢のように速く過ぎ去っていくということです。
中国の唐代中期に活躍した詩人、李益りえき(Li Yi, about 746/748-827/829)の言葉と言われています。
李益の漢詩「遊子吟」に、
光陰如箭こういんじょせん
(光陰せんの如し)
という言葉が出てくるそうです。「箭」とは放たれた矢のことを意味します。
ただ残念ながらネットで調べた限り原典をあたることはできませんでした。

0308-young_girl_holding_the_bow.jpg
By Yongkiet, published on 21 March 2016. Image courtesy of FreeDigitalPhotos.net

英語でも「光陰矢の如し」に影響を受けて、
“Time flies like an arrow”
という言葉も受け入れられています。
ちょっと悪ノリして、
“Time flies like an arrow; fruit flies like a banana”
「光陰矢の如し、果物バナナの如し」
という表現まであるようです。
果物は全般に、バナナのように悪くなるのが早い、という意味です。

0308-bananas.jpg
By Stoonn, published on 23 February 2011. Image courtesy of FreeDigitalPhotos.net

“Time flies.”
光陰矢の如し。

時の経つのは本当に速いものです。
日々をしっかりと生きて、悔いの残らないようにしたいものですね。
とはいえ、まあ神経質にならずに気楽にいきましょう。
あ、でもバナナは悪くなる前に食べるようにして下さい。

0308-arrow_hit_goal_ring.jpg
By bplanet, published on 12 October 2012. Image courtesy of FreeDigitalPhotos.net

それでは今日はこのへんで。
またお会いしましょう! ジム佐伯でした。

【関連記事】第3回:“Tomorrow is another day.”―「明日は明日の風が吹く」(風と共に去りぬ), ジム佐伯のEnglish Maxims, 2013年04月25日

【参考】Wikipedia(日本語版英語版
【参考】“光陰矢の如し”, 古今名言集, ことわざ図書館, 2016年03月16日



タグ:ことわざ
このエントリーをはてなブックマークに追加
posted by ジム佐伯 at 07:00 | ロンドン ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ことわざ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
スポンサーリンク / Sponsored Link

ブログパーツ