スポンサーリンク / Sponsored Link


2014年03月23日

第203回:“Let it go.”−「ありのままで」(アナと雪の女王)

こんにちは! ジム佐伯です。
英語の名言・格言やちょっといい言葉、日常会話でよく使う表現などをご紹介しています。

アナと雪の女王 オリジナル・サウンドトラック
アナと雪の女王 オリジナル・サウンドトラック [CD](英語版)

第203回の今日はこの言葉です。
“Let it go.”
「それを(そのまま)行かせなさい。」
というのが直訳体ですが、意味としては、
「ありのままで。」
「そのままで。」
といったところでしょうか。
これはディズニー映画の最新作『アナと雪の女王』に出てくる主人公の一人、エルサ(Elsa)が歌う『レット・イット・ゴー 〜ありのままで(Let It Go)』という歌のタイトルで、歌詞の中にも登場します。
日本では3月14日に公開されたばかりですが、アメリカでは昨年11月の末に“Frozen”というタイトルで公開されました。「フローズン」は「凍りついて」という意味です。
アメリカではプリンセス物として宣伝すると男の子が見に来なくなりますので、同じディズニーアニメの『塔の上のラプンツェル』も“Tangled”(タングルド、こんがらがって)というタイトルになりましたが、この映画でもその新しき伝統が受け継がれています。

Frozen(Blu-ray+DVD)北米版 2014
Frozen(Blu-ray+DVD)北米版 2014
(注意:北米版のDVDは日本のDVDプレイヤーでは再生できません)

この物語のもととなったのはデンマークの童話作家アンデルセン(Hans Christian Andersen, 1805-1875)が書いた『雪の女王(The Snow Queen)』(1844年)です。これもスケールの大きな作品で、何度かアニメ化されています。

0203-snow_queen_by_elena_ringo.jpg
アンデルセンの『雪の女王』
Elena Ringo http://www.elena-ringo.com , 19 March 1998 [CC-BY-3.0], via Wikimedia Commons

0203-hca_by_thora_hallager_1869.jpg
ハンス・クリスチャン・アンデルセン(Hans Christian Andersen, 1805-1875)
By Thora Hallager (1821-1884), 10 or 16 October 1869 [Public domain], via Wikimedia Commons

しかしディズニーアニメの『アナと雪の女王』では登場人物もストーリーも大幅に改編されており、ほとんどディズニーのオリジナルの内容になっています。次のようなストーリーです。

アレンデール王国の王女エルサ(Elsa)は触ったものを凍らせたり雪や氷を作ったりする魔法の力を持っています。ある日エルサは3歳年下のアナ(Anna)を助けようとして魔法の力を使った時に誤ってアナを傷つけてしまいます。アナは助かりますがエルサの魔法の力の記憶を消されてしまいます。
エルサは成長とともに強くなる魔法の力を世に知られないように引きこもってしまいます。事情を知らないアナはなぜ大好きな姉が自分を避けて引きこもってしまうのかと悩みます。
両親である王と王妃が事故で亡くなった3年後、成人したエルサは女王に即位します。しかし戴冠式の日にふとしたことでアナと口論になったエルサは人前で魔法を暴発させてしまい、怪物呼ばわりされてしまいます。傷ついたエルサは城を逃げ出し、王国はエルサが暴発させた魔法で永遠の冬に閉ざされます。
そしてアナもエルサを連れ戻すために、一人で旅に出るのです。

Frozen
Frozen [CD, Import](英語版)

人々に魔法を知られてしまったエルサが、王国から逃げ出した直後に流れるのがこの『レット・イット・ゴー(Let It Go)』という歌です。小さい頃からずっと人に知られないように魔法を抑えつけてきたエルサが、逃げ出したことで誰にも遠慮せずに魔法を使える喜びを歌っています。
エルサの声を演じるのはニューヨーク・ブロードウェイのミュージカル女優イディナ・メンゼル(Idina Menzel, 1971-)。
英語字幕では、
“Let it go. Let it go.”
の歌詞の部分は
「それでいいの かまわない」
と訳されています。
発音はカタカナ表記の「レット・イット・ゴー」とはほど遠く、「レディゴー」や「レディゴー」のように聞こえます。
この曲は映画公開と同時に世界中で絶賛されました。


【動画】“『アナと雪の女王 MovieNEX』Let It Go/エルサ(イディナ・メンゼル)<英語歌詞付 Ver.>”, by ディズニー公式YouTubeチャンネル, YouTube, 2014/02/13

世界各国語での吹き替えの声をあつめた25ヶ国語メドレーも話題になりました。
声質の統一感がすごい、みな驚くほど歌がうまいなどです。
日本では松たか子がエルサを演じました。25ヶ国語バージョンで松たか子の歌声が流れたのはわずか6秒間ですが、素晴らしいと世界中で話題にもなったそうです。
ネット上では「何なんだ、あの日本語のしびれるような美しさは」(米国人)、「日本語の響きがメチャクチャかわいらしい」(カナダ人)、「(日本版に)鳥肌がブワーってなった」(スウェーデン人)など絶賛の声が続々。自国よりも日本版をベストパートに選ぶ人が相次いでいる。
【参考】“「アナと雪の女王」動画、松たか子の歌声が世界で大反響!”, サンケイスポーツ, 2014年03月10日

日本語吹き替えでは、
“Let it go. Let it go.”
の部分は
「ありのままで」
と訳されています。


【動画】“『アナと雪の女王』「Let It Go」(25ヵ国語Ver.)”, by ディズニー公式YouTubeチャンネル, YouTube, 2014/02/06

この映画には、ディズニー映画らしい擬人化キャラクターとして陽気な雪だるまのオラフ(Olaf)が登場します。西欧型の雪だるまですので、以前も記事で解説したことがありますが3つの雪玉からできています。頭と胴体と足です。...の筈なのですが、オラフをよく見ると3つの雪玉の下に小さな足がある(!)のです。とすると上から3つめの大玉は何なんでしょうか。

Disney ディズニー Frozen Olaf Plush フローズン アナと雪の女王 オラフ ぬいぐるみ 18インチ 46cm
Disney ディズニー Frozen Olaf Plush フローズン アナと雪の女王 オラフ ぬいぐるみ 18インチ 46cm

【関連記事】第186回:“There's no man like a snowman.”−「雪だるまのような人はいない」(ジョーク), ジム佐伯のEnglish Maxims, 2014年02月23日

“Let it go.”
ありのままで。
自分のやりたいことや得意なことを我慢して押さえつけなくてもいいんです。
あくまでもそのままで、ありのままでやりたいことをやりましょう。
はたしてアナはエルサに会うことができるのでしょうか。
エルサの運命はどうなるのでしょうか。
それは映画をご覧になって下さい。

今月2日に授賞式が行われた第86回アカデミー賞(Academy Awards)で、『アナと雪の女王』は長編アニメーション映画賞(Best Animated Feature)を、『レット・イット・ゴー』は歌曲賞(Best Original Song)をそれぞれ受賞しました。


【動画】“『アナと雪の女王 MovieNEX』レット・イット・ゴー 〜ありのままで〜/エルサ(松たか子)<日本語歌詞付 Ver.>”, by ディズニー公式YouTubeチャンネル, YouTube, 2014/02/13

それでは今日はこのへんで。
またお会いしましょう! ジム佐伯でした。

【関連記事】第214回:“Some people are worth melting for.”―「大切な人のためなら溶けてもいい」(『アナと雪の女王』のオラフ), ジム佐伯のEnglish Maxims, 2014年04月23日
【関連記事】第217回:“Love is an open door.”―「恋は開かれたドア」(アナと雪の女王), ジム佐伯のEnglish Maxims, 2014年05月03日
【関連記事】第202回:“Trust me!”−「僕を信じて!」(アラジン), ジム佐伯のEnglish Maxims, 2014年03月22日
【関連記事】第199回:“Bibbidi-Bobbidi-Boo!”−「ビビディ・バビディ・ブー!」(「シンデレラ」の魔法の呪文), ジム佐伯のEnglish Maxims, 2014年03月18日
【関連記事】第198回:“They can't order me to stop dreaming.”−「夢を見ることは誰にも止められないわ。」(シンデレラ), ジム佐伯のEnglish Maxims, 2014年03月16日
【関連記事】第197回:“Magic mirror on the wall, who is the fairest one of all?” ―「鏡よ鏡、この世で一番美しいのは誰?」(「白雪姫」の魔女), ジム佐伯のEnglish Maxims, 2014年03月15日
【関連記事】第67回:“Go, live your dream.”―「行け、夢を生きるんだ」(塔の上のラプンツェル), ジム佐伯のEnglish Maxims, 2013年08月03日
【関連記事】第68回:“To infinity, and beyond!”―「無限のかなたへ!」(トイ・ストーリー), ジム佐伯のEnglish Maxims, 2013年08月04日
【関連記事】第186回:“There's no man like a snowman.”−「雪だるまのような人はいない」(ジョーク), ジム佐伯のEnglish Maxims, 2014年02月23日
【関連記事】第180回:“Let it snow ! Let it snow ! Let it snow !”―「雪よ降れ!雪よ降れ!雪よ降れ!」(ヴォーン・モンロー), ジム佐伯のEnglish Maxims, 2014年02月14日

【参考】Wikipedia(日本語版英語版
【参考】“「アナと雪の女王」動画、松たか子の歌声が世界で大反響!”, サンケイスポーツ, 2014年03月10日
【参考】“世界中で絶賛!「アナと雪の女王」の主題歌で松たか子さんが歌う日本語パートが感動をよんでいる!”, mitsufumi-obaraさん, NAVERまとめ, 2014年03月12日
【参考】“ディズニー映画『アナと雪の女王』主題歌の日本語版を歌う松たか子を世界中が絶賛!”, ガールズちゃんねる, 2014/03/20

【動画】“『アナと雪の女王 MovieNEX』Let It Go/エルサ(イディナ・メンゼル)<英語歌詞付 Ver.>”, by ディズニー公式YouTubeチャンネル, YouTube, 2014/02/13
【動画】“『アナと雪の女王』「Let It Go」(25ヵ国語Ver.)”, by ディズニー公式YouTubeチャンネル, YouTube, 2014/02/06
【動画】“『アナと雪の女王 MovieNEX』レット・イット・ゴー 〜ありのままで〜/エルサ(松たか子)<日本語歌詞付 Ver.>”, by ディズニー公式YouTubeチャンネル, YouTube, 2014/02/13

このエントリーをはてなブックマークに追加
posted by ジム佐伯 at 07:00 | Comment(0) | ディズニー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

スポンサーリンク / Sponsored Link

ブログパーツ