スポンサーリンク / Sponsored Link


2014年02月14日

第180回:“Let it snow ! Let it snow ! Let it snow !”―「雪よ降れ!雪よ降れ!雪よ降れ!」(ヴォーン・モンロー)

こんにちは! ジム佐伯です。
英語の名言・格言やちょっといい言葉、日常会話でよく使う表現などをご紹介しています。

0180-snowy_road.jpg
Image courtesy of dan, published on 07 March 2013, FreeDigitalPhotos.net

第180回の今日はこの言葉です。
“Let it snow! Let it snow! Let it snow!”
「雪よ降れ!雪よ降れ!雪よ降れ!」
という意味です。
これはアメリカの歌手ヴォーン・モンロー(Vaughn Wilton Monroe, 1911-1973)が歌った名曲『レット・イット・スノー!(Let it snow! Let it snow! Let it snow!)』(1945年)のタイトルで、歌詞にも出てくる言葉です。
この曲は1945年に発売されて大ヒットとなり、翌年1月にはビルボード誌(Billboard)のランキング1位となります。その後フランク・シナトラやビング・クロスビーをはじめとする数えきれないほど多くのアーティストにカヴァーされました。

0180-vaughn_monroe.jpg
ヴォーン・モンロー(1943年撮影)
Photo by Unknown [Public domain], via Wikimedia CommonsWikimedia Commons

今やすっかりクリスマス・ソングの定番となったこの曲ですが、歌詞にはクリスマスを思わせる言葉はまったく登場しません。
歌われているのは、恋人のところを訪れた男性が大雪で帰れなくなり、恋人のもとで雪に閉ざされた楽しい時間を過ごすというロマンチックな内容です。男性はいつまでも帰らなくてもいいように、雪が降り続いてほしいと願う。そんな歌です。


Ruby With the Moon Maids & Moon Men

冒頭の歌詞をご紹介します。

“Oh The Weather Outside Is Frightful
 But The Fire Is So Delightful
 And Since We've No Place To Go
 Let It Snow ! , Let It Snow ! , Let It Snow !”


「ああ、そとの天気はおそろしい
 でも暖炉の炎はとてもうれしい
 それに僕たち行くところもない
 雪よ降れ! 雪よ降れ! 雪よ降れ!」
 (訳:Jim Saeki)


【動画】“Vaughn Monroe: Let It Snow (ヴォーン・モンロー:レット・イット・スノー)”, by VaughnMonoroeVideo, YouTube, 2009/01/22

暗い外に吹き荒れる猛吹雪、対照的に温かい室内に揺れる炎、暖炉の前に親密に寄り添う二人の姿が目に浮かぶようですね。荒天とはうらはらにうきうきとしている二人の気持ちが伝わってくるようです。
“Frightful”“Delightful”“Go”“Snow”も綺麗に韻を踏んでいますね。
クリスマスではないかもしれませんが、クリスマス・シーズンにぴったりの冬の名曲です。

0180-fireplace.jpg
By Serge Melki from Indianapolis, USA (Afternoon Relax with Jack Uploaded by russavia), 23 December 2008, cropped by Jim Saeki on 14 February 2014 [CC-BY-2.0], via Wikimedia Commons

しかしこの歌詞、実は冬に書かれたものではないそうなのです。
曲を書いたのは作詞家サミー・カーン(Sammy Cahn, 1913-1993)と作曲家ジュール・スタイン(Jule Styne, 1905-1994)。二人はなんと1945年の夏に、カリフォルニアのハリウッドにある暑いオフィスでこの曲を作りました。記録的な暑い日だったそうです。
ジュール・スタインは冬の寒い雰囲気のメロディをだそうとピアノを弾きます。
サミー・カーンはカリフォルニアの熱い太陽がじりじりと照りつける窓の外の風景を眺めながら、
“Let it snow !”
「雪よ降れ!」
とささやきます。

0180-hollywood_sign.jpg
ハリウッドの風景
By InSapphoWeTrust from Los Angeles, California, USA (Hollywood Sign Uploaded by russavia), 1 October 2011 [CC-BY-SA-2.0], via Wikimedia Commons

この曲はブルース・ウィリスが主演した大ヒットアクション映画『ダイ・ハード』のエンドタイトルにも使われています。使われているのはヴォーン・モンローの歌声です。
クリスマス・イヴの大事件を描いた物語のエンディングにぴったりの選曲だと思います。奇しくも舞台はカリフォルニアのロサンゼルス。雪のないクリスマスですが、この曲がうまれたハリウッドのすぐ近くの出来事が描かれています。


ダイ・ハード [Blu-ray]

そして続編の『ダイ・ハード2』のエンディングにも同様に使われています。こちらもクリスマス・イヴの大事件。そして舞台は雪のワシントンDC・ダレス国際空港です。これまたぴったりの選曲です。


ダイ・ハード2 [Blu-ray]


【動画】“Die Hard Christmas Tribute - Let it Snow (ダイ・ハード・クリスマス・トリビュート - レット・イット・スノー)”, by LukeMM95, YouTube, 2011/11/19

“Let it snow! Let it snow! Let it snow!”
雪よ降れ! 雪よ降れ! 雪よ降れ!

今日も日本の広い範囲で大雪になるとの天気予報が出ています。
どうぞお気をつけてお帰り下さい。
そしてもし雪のせいでどこかに閉じ込められてしまった場合は、この歌を思い出してその状況を楽しんで下さい。大事な人と一緒の場合はきっと楽しい時間になることでしょう。
それでは、
“Happy Valentine's Day!”
よいバレンタインデーを!

0180-happy_couple_near_fireplace.jpg
Image courtesy of marin, published on 11 November 2012, FreeDigitalPhotos.net

それでは今日はこのへんで。
またお会いしましょう! ジム佐伯でした。

【関連記事】第148回:“It's Christmas!”―「今日はクリスマスだ!」(ダイ・ハード2), ジム佐伯のEnglish Maxims, 2013年12月23日
【関連記事】第50回:“There ain't no such thing as a free lunch.”―「無料の昼食なんてものはない」(ロバート・A・ハインラインほか), ジム佐伯のEnglish Maxims, 2013年07月04日

【参考】Wikipedia(日本語版英語版
【参考】““Let It Snow!” – the Christmas song that isn’t…(「レット・イット・スノー!」―クリスマス・ソングではないクリスマス・ソング)”, by Robert Deis (aka "SubtropicBob"), December 22, 2012

【動画】“Vaughn Monroe: Let It Snow (ヴォーン・モンロー:レット・イット・スノー)”, by VaughnMonoroeVideo, YouTube, 2009/01/22
【動画】“Die Hard Christmas Tribute - Let it Snow (ダイ・ハード・クリスマス・トリビュート - レット・イット・スノー)”, by LukeMM95, YouTube, 2011/11/19



このエントリーをはてなブックマークに追加
posted by ジム佐伯 at 12:00 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

スポンサーリンク / Sponsored Link

ブログパーツ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。