スポンサーリンク / Sponsored Link


2014年01月13日

国別アクセスランキング(2014年1月12日現在)

こんにちは! ジム佐伯です。
英語の名言・格言やちょっといい言葉をご紹介しています。
今日はちょっと趣向を変えて、国別アクセスランキングを発表します。

このブログのPC用画面の右側に「Visitors by Country」という欄があり、いろいろな国の小さな国旗が並んでいます。これは「FLAG Counter」(http://flagcounter.com/)というサービスによるものです。ブログへのアクセスを国や地域別にカウントして集計し、小さなかわいい旗と一緒にランキング表示してくれます。
11月頃から設置しましたので全アクセスではありませんし、Google Analyticsでも期間を指定して国別に集計できるのですが、せっかくですので昨日夕方時点でのFLAG Counterのアクセス数ランキングをご紹介します。
また、その国に関係する過去記事などもあわせてご紹介することに致しましょう。

いったいこのブログにはどんな国や地域の方が来てくださっているのでしょうか。
それではご覧になってください。

第1位:
日本(Japan)
0000-japan.png
アクセス数:2,761

1位はやはり日本です。いつも本当にありがとうございます。これからもよろしくお願い致します。
関連記事を振り返ってみると、意外に日本関係の言葉が多いですね。

0135-mount_fuji_in_autumn.jpg
Image courtesy of John Kasawa, published on 18 May 2011 / FreeDigitalPhotos.net

【関連記事】第100回:“I dare hope that our paths will cross again.”―「また皆さんとお会いできることを望みます」(高円宮妃久子さま), 2013年09月29日
【関連記事】第158回:“I’m going to kill them all!”―「駆逐してやる!」(進撃の巨人), 2014年01月09日
【関連記事】第143回:“Food fighters in Japan think of themselves as athletes.”―「日本のフードファイターは自分たちをアスリートだと思っている。」(小林尊), 2013年12月15日
【関連記事】第112回:“I will always stand on the side of the egg.”―「僕はいつだって卵の側に立つ」(村上春樹), 2013年10月20日
【関連記事】第111回:“Typhoon Wipha lashes Tokyo.”―「台風ウィパー東京を襲う」(ニュース記事), 2013年10月19日
【関連記事】第108回:“Heaven does not create one man above or below another man.” ―「天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず」(福沢諭吉), 2013年10月13日
【関連記事】第107回:“Go, go, go, in peace.”―「行け、行け、心安らかに行け」(新島襄), 2013年10月12日
【関連記事】第97回:“Life is worth living.”―「この世は生きるに値するんだ」(宮崎駿), 2013年09月24日
【関連記事】第65回:“Love me little, love me long.”―「すこし愛して、なが〜く愛して」(ことわざ、大原麗子ほか), 2013年07月30日


日本よ、世界の真ん中で咲き誇れ [単行本], 安倍晋三 (著), 百田尚樹 (著)

第2位:
アメリカ(United States of America)
0000-united_states.png
アクセス数:350

2位はアメリカでした。Googleのクローラが多いような気もしますが、ちゃんと読んでくださっている方もいらっしゃるはずです。
日本の方が多い地域からのアクセスも多いようです。アメリカ在住の日本人の方も読んでくださっているのでしたら嬉しいです。アメリカ生活、大変だと思いますが、どうぞがんばって目いっぱい楽しんでくださいね。
Googleさんも含めまして、どうぞこれからもよろしくお願いいたします。
関連記事はアメリカのものはやはりダントツに多いです。すべてはここにご紹介しきれません。

0084-new_york_city_times_square.jpg
By chensiyuan (chensiyuan) [GFDL or CC-BY-SA-3.0-2.5-2.0-1.0], via Wikimedia Commons

【関連記事】第131回:“Ask what you can do for your country.”―「君たちが国のために何ができるのかを問うて欲しい」(ケネディ大統領), 2013年11月24日
【関連記事】第146回:“Happy Holidays!”―「楽しい祝日を!」(アメリカの年末祝日の挨拶), 2013年12月21日
【関連記事】第79回:“Stay hungry. Stay foolish.”―「貪欲であれ。愚直であれ」(スティーブ・ジョブズ), 2013年08月24日
【関連記事】第7回:“If you can dream it, you can do it.”―「夢があればそれは叶う」(ウォルト・ディズニー), 2013年04月29日
【関連記事】第63回:“I shall return.”―「私は必ず帰ってくる」(マッカーサー), 2013年07月27日
【関連記事】第117回:“Anything that can go wrong will go wrong.”―「失敗する可能性のあるものは必ず失敗する」(マーフィーの法則), 2013年10月29日
【関連記事】第84回:“I won’t be happy till I’m as famous as God.”―「神様よりも有名になる」(マドンナ), 2013年09月01日
【関連記事】第83回:“Why not?”―「あたりまえでしょ?」(日常会話、レディー・ガガ), 2013年08月31日
【関連記事】第55回:“Life comes with many challenges.”―「人生に困難はつきものだ」(アンジェリーナ・ジョリー), 2013年07月13日
【関連記事】第34回:“It's enough to be alive this minute.”―「この瞬間、生きていることでたくさんだ」(リンドバーグ), 2013年06月06日
【関連記事】第5回:“One small step for (a) man, one giant leap for mankind.”―「一人の人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては偉大な飛躍である」(アームストロング), 2013年04月27日
【関連記事】第3回:“Tomorrow is another day.”―「明日は明日の風が吹く」(風と共に去りぬ), 2013年04月25日
【関連記事】第10回:“Every day is a new day.”―「毎日が新しい日なんだ」(ヘミングウェイ), 2013年05月02日
【関連記事】第35回:“Go ahead, make my day.”―「さあやれよ、俺を喜ばせてくれ」(クリント・イーストウッド), 2013年06月08日
【関連記事】第36回:“I'll be back.”―「また戻る」(アーノルド・シュワルツェネッガー), 2013年06月09日
【関連記事】第50回:“There ain't no such thing as a free lunch.”―「無料の昼食なんてものはない」(ロバート・A・ハインラインほか), 2013年07月04日
【関連記事】第51回:“No rain, no rainbow.”―「雨がなければ虹はない」(ハワイのことわざ), 2013年07月06日


そうだったのか! アメリカ (そうだったのか! シリーズ) (集英社文庫), 池上彰 (著)

第3位:
オーストラリア(Australia)
0000-australia.png
アクセス数:17

第3位はオーストラリアです。ずっと台湾が3位だったのですが、この数日で一気に逆転しました。この数日にオーストラリアで何があったのでしょうか。
オーストラリアへは一度だけ行ったことがあります。コアラ抱っこしました。ゴールドコーストも楽しかったです。オーストラリアは夏まっさかりですね。暑中お見舞い申し上げます。
これからもどうぞよろしくお願いします。

0104-sydney_skyline.jpg
By Photo courtesy of Tourism Australia (US Army images gallery), 11 March 2008, cropped by Jim Saeki on 5 October 2013 [Public domain], via Wikimedia Commons

【関連記事】第104回:“No kangaroos in Austria.”―「オーストリアにカンガルーはいない」(ジョーク), 2013年10月06日
【関連記事】第60回:“You have to start with the truth.”―「まず事実から始めなければならない」(ジュリアン・アサンジ), 2013年07月21日
【関連記事】第24回:“See you later, alligator.”―「さよならアリゲーター」(日常会話), 2013年05月19日


オーストラリア [DVD], ニコール・キッドマン (出演), ヒュー・ジャックマン (出演), バズ・ラーマン (監督)

第4位:
台湾(Taiwan)
0000-taiwan.png
アクセス数:15

第4位には台湾が入りました。台湾は大好きなんですが、残念ながらまだ行ったことがないんですよ。
近い将来にぜひ行ってみたいです。
ブログのほうもどうぞよろしくお願いします。

0000-taipei_101_at_night.jpg
Titoni Thomas, 10 April 2010 [CC-BY-SA-3.0 or GFDL], via Wikimedia Commons


最好的台湾 [単行本], 青木 由香 (著), FRaU編集部 (著)

第5位:
カナダ(Canada)
0000-canada.png
アクセス数:12

第5位はカナダです。
紅葉の季節に車と列車でオンタリオとケベックをまわったカナダの旅は最高でした。
アメリカがテロ対策で外国からの旅行者や滞在者に対してはピリピリしていた時期だったこともあり、カナダの人たちのフレンドリーさとホスピタリティには感動しました。
カナダも日本の方が多く住んでいらっしゃる地域からのアクセスが多いようですので、やはり日本人の方かもしれません。
これからもどうぞよろしくお願いします。

0000-canadian_maple_leaf.jpg
By Ktsquare from Canada (Autumn canadian maple in Ontario Canada, own work), 14 October 2006 [Public domain], via Wikimedia Commons


カナダの教訓 超大国に屈しない外交 (PHP文庫), 孫崎 享 (著)

第6位:
中国(China)
0000-china.png
アクセス数:11

第6位は中国でした。
観光や仕事で何度か中国を訪問したことがあります。今世紀に入ってからの発展ぶりは目ざましいですよね。
大気汚染が激しい地域に住んでおられる方は、体調をくずされないか心配です。どうぞお大事になさって下さい。
日本のことわざには中国から伝わったものが多いです。英語のことわざとも似た意味の中国のことわざが多いですよね。
ブログのほうもこれからもどうぞよろしくお願い致します。

0000-shanghai_pudong_2012.jpg
By J. Patrick Fischer (Own work), 4 January 2012 [CC-BY-SA-3.0], via Wikimedia Commons

【関連記事】第22回:“Where there's a will, there's a way.”―「意志あるところに道は開ける」(ことわざ、リンカーンほか), 2013年05月16日
【関連記事】第26回:“A friend in need is a friend indeed.”―「まさかの時の友こそ真の友」(ことわざ), 2013年05月23日


そうだったのか! 中国 (そうだったのか! シリーズ) (集英社文庫), 池上 彰 (著)

第7位:
香港(Hong Kong)
0000-hong_kong.png
アクセス数:8

第7位は香港です。
僕は返還前の香港に観光で行ったことがありますし、最近の香港にも仕事で何度か訪れたことがあります。
僕はこの街の多面性が大好きです。食事も美味しいですし、景色も最高です。
これからもどうぞよろしくお願い致します。

0000-hong_kong.jpg
By Eckhard Pecher (Self-photographed), 6 January 2007 [CC-BY-2.5 or CC-BY-2.0-de], via Wikimedia Commons

【関連記事】第59回:“Truth is coming, and it cannot be stopped.”―「事実は明るみに出た。もう止められない」(エドワード・スノーデン), 2013年07月20日


深夜特急〈1〉香港・マカオ (新潮文庫), 沢木 耕太郎 (著)

第8位:
イギリス(United Kingdom)
0000-united_kingdom.png
アクセス数:7

第8位はイギリスです。
ロンドンオリンピックは楽しかったですね。開会式や閉会式の演出センスも洗練されていて、さすがイギリスだと思いました。
実はイギリスには行ったことがないんですが、ぜひ行ってみたいと思っています。
このブログでもイギリスの人の言葉を多く紹介させていただいています。
これからもどうぞよろしくお願いします。

0000-palace_of_westminster_at_night.jpg
By Andrew Dunn, 29 September 2004 [CC BY-SA 2.0], via Wikimedia Commons

【関連記事】第99回:“I'd like to be a queen in people's hearts.”―「人々の心の王妃でありたい」(ダイアナ妃), 2013年09月28日
【関連記事】第142回:“The same as Sandwich!”―「サンドウィッチと同じものを!」(サンドウィッチ伯爵の友達), 2013年12月14日
【関連記事】第122回:“It is by standing on the shoulders of Giants.”―「巨人の肩に乗っていたから」(ニュートン), 2013年11月07日
【関連記事】第76回:“The pen is mightier than the sword.”―「ペンは剣よりも強し」(リットン卿), 2013年08月18日
【関連記事】第109回:“Love will find a way.”―「愛に不可能はない」(ことわざ、バイロンほか), 2013年10月15日
【関連記事】第16回:“Hope springs eternal.”―「希望の泉は枯れず」(アレキサンダー・ポープ), 2013年05月08日
【関連記事】第87回:“To err is human.”―「過ちは人の常」(ことわざ、アレキサンダー・ポープほか), 2013年09月07日
【関連記事】第15回:“Every cloud has a silver lining.”―「どの雲にも銀の裏地がついている」(ことわざ、ジョン・ミルトンほか), 2013年05月07日


英国男子 [雑誌]EYESCREAM2014年3月号増刊

第9位:
シンガポール(Singapore)
0000-singapore.png
アクセス数:6

第9位はシンガポールです。
アジアの経済の中心の一つとして世界を引っぱるシンガポールのパワーは凄いと思います。
ここもぜひ訪れたい街のひとつです。
これからもよろしくお願い致します。

0000-merlion.jpg
By Diarto (Own work), 18 July 2006 [GFDL or CC-BY-SA-3.0], via Wikimedia Commons


シンガポール本 (エイムック 2684) [ムック]

第9位:
フランス(France)
0000-france.png
アクセス数:6

同じく第9位はフランスです。
パリやモン・サン・ミッシェル、ボルドーやマルセイユなどを訪れたことがあります。
素晴らしい旅でした。また必ず再訪したいと思います。
これからもよろしくお願いいたします。

0125-woman_visiting_paris.jpg
Image Copyright by snaptitude, Used under license from Links Co., Ltd.

【関連記事】第88回:“The word impossible is not French.”―「余の辞書に不可能はない」(ナポレオン), 2013年09月08日
【関連記事】第78回:“The important thing is to take part.”―「参加することに意義がある」(クーベルタン男爵), 2013年08月22日
【関連記事】第6回:“Anything one man can imagine, other men can make real.”―「人が想像できることは、必ず人が実現できる。」(ジュール・ヴェルヌ), 2013年04月28日
【関連記事】第28回:“What is essential is invisible to the eye.”―「かんじんなことは、目に見えないんだよ」(サン=テグジュペリ), 2013年05月26日
【関連記事】第98回:“?”―「(本の売れ行きは?)」(ビクトル・ユーゴー), 2013年09月26日
【関連記事】第126回:“Where do we come from?”―「われわれはどこから来たのか?」(ポール・ゴーギャン), 2013年11月14日
【関連記事】第138回:“Color is my day-long obsession.”―「私は色に一日中とりつかれている」(クロード・モネ), 2013年12月07日
【関連記事】第139回:“The queen of all colors was black.”―「すべての色の女王は黒だった」(ルノワール), 2013年12月08日


旅してみたい、フランスの絶景カレンダー 2014 ([カレンダー]), 伊藤 智郎 (写真)

第9位:
タイ(Thailand)
0000-thailand.png
アクセス数:6

もう一つ第9位はタイです。
ここも行きたい行きたいと思いつつ、まだ行ったことがないのです。ぜひ行ってみたいですね。
激しいデモが報道されていますが大丈夫でしょうか。どうぞお気をつけて下さい。
ブログのほうもどうぞよろしくお願いします。

0000-bangkok_at_night.jpg
By Mathias Krumbholz (Own work), 1 March 2013 [CC-BY-SA-3.0], via Wikimedia Commons


まっぷるタイ・バンコク'14 (マップルマガジン)

以上が国別アクセスランキングでした。
1位2位は予想どおりでしたが、3位以降はやはりご近所の国々から多くアクセスして頂いていることがわかりました。遠くヨーロッパからもアクセスして頂いているのはうれしい限りです。
ブログを続けていられるのもご訪問くださった方々のおかげです。本当にありがとうございました。
これからもいい言葉や、日常生活で便利な言葉をどんどんご紹介したいと思いますので、どうぞよろしくお願いします。

それでは今日はこのへんで。
またお会いしましょう! ジム佐伯でした。

(12位から17位まで)
【第12位】韓国(South Korea) 0000-south_korea_small.png アクセス数:5
【第12位】ベトナム(Vietnam) 0000-vietnam_small.png アクセス数:5
【第14位】ドイツ(Germany) 0000-germany_small.png アクセス数:4
【第14位】インドネシア(Indonesia) 0000-indonesia_small.png アクセス数:4
【第14位】フィリピン(Philippines) 0000-phillipines_small.png アクセス数:4
【第17位】スペイン(Spain) 0000-spain_small.png アクセス数:2
【第17位】フィンランド(Finland) 0000-finland_small.png アクセス数:2
【第17位】オランダ(Netherlands) 0000-netherlands_small.png アクセス数:2
【第17位】メキシコ(Mexico) 0000-mexico_small.png アクセス数:2
【第17位】スウェーデン(Sweden) 0000-sweden_small.png アクセス数:2
このエントリーをはてなブックマークに追加
posted by ジム佐伯 at 08:00 | Comment(0) | ランキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

スポンサーリンク / Sponsored Link

ブログパーツ