スポンサーリンク / Sponsored Link


2013年10月27日

第116回:“Half full or half empty?”―「半分入ってる?半分からっぽ?」(心理テスト)

こんにちは! ジム佐伯です。
英語の名言・格言やちょっといい言葉をご紹介しています。

0116-glass_half_full.jpg
By S nova (Own work), 29 December 2011 [CC-BY-SA-3.0], via Wikimedia Commons

第116回の今日はこの言葉です。
“Half full or half empty?”
「半分入っていますか? それとも半分からっぽですか?」
という意味ですが、もともとの言葉は次のようになります。
“Is the glass half full or half empty?”
「コップは半分入っていますか? それとも半分からっぽですか?」

コップに水が半分ほど入っている状態は、
“Half full”「半分満たされている」「半分も入っている」
“Half empty”「半分からっぽである」「半分しか入っていない」
の両方にとれますよね。

0116-glass_of_water.jpg
By Derek Jensen (Tysto) (Own work), 10 December 2005 [Public domain], via Wikimedia Commons

“The optimist says the glass is half full.”
「楽観主義者はこう言う。コップには半分満たされていると。」
何事にもポジティブな人、楽観的な人は、“Half full”「半分満たされている」「まだ半分も入っている」と考えます。
しかし、楽観主義も度が過ぎると油断しがちになってしまうという落とし穴もあります。
“The pessimist says the glass is half empty.”
「悲観主義者はこう言う。コップは半分からっぽであると。」
何事にもネガティブな人、悲観的な人は、“Half empty”、「半分からっぽである」「もう半分しか残っていない」と考えます。
一方で、危険な兆候をいち早くとらえて対策ができるという美点にもつながります。
従って、どちらがよいということは一概に言えません。
あくまでものの考え方の違いです。

0116-water_glass.jpg
Image courtesy of Danilo Rizzuti, published on 04 September 2011 / FreeDigitalPhotos.net

ものの考え方ですから、半分である必要もありません。
場合によっては、
“99.9% empty” 「99.9%からっぽ」
なものでも、
“0.1% full” 「0.1%入っている」
と考えることもできるのです。
超ポジティブ思考ですね。

0116-glass_half_empty.jpg
“Glass Half Empty”, mimiandeunice.com, 26 July 2010
Nina Paley, 26 July 2010 [CC-BY-SA-3.0], via Wikimedia Commons

英語版Wikipediaでは、この質問を
“a general litmus test to simply determine an individual's worldview”
「個人個人の世界観を簡単に見分ける一般的なリトマス試験」
と説明してています。
なるほど、酸性ならば赤に、アルカリ性ならば青になるリトマス試験紙と同じように、簡単に人の性格や考え方を見分けることができるということですね。

0116-litmus_paper.jpg
赤色と青色のリトマス試験紙(Litmus paper)
By Parvathisri (Own work), 10 February 2012 [CC-BY-SA-3.0], via via Wikimedia Commons

この言葉は、そのまま形容詞的な表現としても使われます。
“He is a glass-half-full kind of guy.”
は、
「彼は楽観的なタイプの男性です。」
という意味になります。
“I am a glass-half-empty kind of person.”
は、
「私は悲観的なタイプの人間です。」
という意味になります。

0116-glass_half_full_kind_of_day.jpg
By Pete unseth (Own work), 6 June 2012 [CC-BY-SA-3.0], via Wikimedia Commons

古くからのことわざ、というわけではないかもしれませんが、英語圏では広く使われている表現です。
この言葉をさらにいろいろもじったジョークもあります。

“The realist says yeah, okay, it's a glass.”
「現実主義者はこう言う。うん、オーケー、これはコップだと。」
確かに。コップであることには誰も文句がつけられません。

“The idealist says one day, the nuclear fusion in the glass will bring peace and prosperity.”
「理想主義者はこう言う。いつの日か、このコップの中での核融合が平和と繁栄をもたらすだろうと。」
そうなったら理想ですね。しかし核分裂を使った原発もいろいろ大変なのが現実ですが。

“The nihilist says this glass does not exist, neither do I actually.”
「虚無主義者はこう言う。コップ自体が存在せず、私自身もまた存在しないと。」
こ、これは悲観主義者よりもさらに悲観的ですね。
何もそこまで言わなくても...。

“The project manager says the glass is twice as big as it needs to be.”
「プロジェクト管理者はこう言う。コップが必要量よりも2倍大きいのだと。」
なるほど。そういう考え方もできますね。
開発規模が適切かどうかを常に考えているプロマネらしい考え方です。

“The capitalist says if you bottle it and give it another name I can make a fortune.”
「資本家はこう言う。これを瓶につめてほかの名前をつけたら大金持ちになれると。」
さすが資本家、常に儲かる方法を考えていますね。

0116-hand_filling_water_into_bottle.jpg
Image courtesy of David Castillo Dominici, published on 07 August 2012 / FreeDigitalPhotos.net

“The entrepreneur sees the glass as undervalued by half its potential.”
「起業家はこう言う。コップが本来の実力に対して過小に評価されているのだと。」
ははは。起業家らしい考え方で面白いですね。
“undervalued”とは、本来の価値よりも低い価値しか認められていない状況を指します。
起業家が望んだ資金よりも少ない投資しか得られない時、投資家たちから“undervalue”(過小評価)されている、と言います。
この場合、コップの容量が本来の実力、水の量が得られた投資を示しています。

“The ground-down mother of a persistently demanding five-year-old says sweetheart it's whatever you want it to be, just please let mummy have five minutes peace and quiet.”
「いつも何かを欲しがっている5歳の子供の疲れ果てた母親はこう言う。
 何が欲しいのかはどうでもいいから、お願いだからママに5分だけ平和で静かな時間をちょうだいと。」
もはやコップ関係なくなってますね。過剰な形容詞に実感がこもっています。
5歳の子供のお母さんはいつもこんな感じなのかもしれません。お疲れ様です。

“The cynic wonders who drank the other half.”
「皮肉屋はこう考える。いったい誰が半分飲んだのかと。」
確かにこれも気になります。
まあ素朴な疑問ですから、皮肉屋ってほどでもありませんがね。
実はとんでもない奴が飲んでるかもしれません。

0116-conformal_cats.jpg
By Steve Jurvetson from Menlo Park, USA (Conformal Cats Uploaded by ComputerHotline), 7 October 2012 [CC-BY-2.0], via Wikimedia Commons

“The marketing professional convinces the buyer that what's left is more valuable than the first half.”
「マーケティングのプロは顧客を説得する。残った半分は最初の半分よりも価値があると。」
なるほど。起業家の考え方と似ていますが、ちょっと違いますね。
これはよくわかるような気がします。

“The worrier frets that the remaining half will evaporate by next morning.”
「心配性の人はこう心配する。残りの半分が明日の朝までに蒸発してしまうのではないかと。」
なるほど、そういう心配がありましたか。(笑)

“The waiter will hurry to replace the glass with a full one.”
「ウェイターはこうする。急いでコップを満杯のものに取り換える。」
さすがです。ウェイターとしてはそうですね。
このジョークでは、「そしてその分もしっかり伝票につけて持ってくる。」と続きます。
水ではなく、ビールか何かだったのでしょうか。
まあヨーロッパでは水もビールも同じ値段ですが。

“The magician will show you the glass with the full half at the top.”
「手品師はこうする。上半分に水が満たされたコップを披露する。」
これは凄い!
さすがマジシャン、僕も見てみたいです。

0116-hand_holding_glass_of_water.jpg
Image courtesy of photostock, published on 30 July 2011, turned over by Jim Saeki on 27 October 2013 / FreeDigitalPhotos.net

“The physicist says that the glass is not empty at all - it is half-filled with water and half-filled with air - hence, fully filled on the whole!”
「物理学者はこう言う。コップはからっぽな部分などないと。半分は水で満たされており、半分は空気で満たされていると。つまり、全体が何かで満たされているのだと!」
確かに。ある意味で最もポジティブな考え方かもしれません。

“The optimist says the glass is half-full.
 The pessimist says the glass is half-empty.
 And while they are arguing, the pragmatist takes the glass and drinks it.”

「楽観主義者がこう言う。コップは半分入っていると。
 悲観主義者がこう言う。コップは半分からっぽであると。
 そして二人が言い争っているあいだ、実用主義者はコップを手にとってそれを飲む。」
ははは。素晴らしい!
僕はこうありたいなぁ。友達を無くすかもしれませんが。

“The nihilist breaks the glass.”
「暴力革命主義者はコップを割る」
うわ! 割っちゃいけませんよ、割っちゃ。

下記サイトには、ほかにもいろいろなジョークが紹介されています。

【参考】“glass half-full or half-empty funny quotes (コップに半分入っているか半分からっぽかについての面白い名言集)”, businessballs.com

0116-pure_water.jpg
Image courtesy of winnond, published on 23 August 2011 / FreeDigitalPhotos.net

“Half full or half empty?”
半分入っていますか? それとも半分からっぽですか?

簡単な質問ですが、人の考え方がはっきりとわかって面白いですね。
また、いろいろなジョークにもなっているのも面白いです。
「ハーフ・フル」か「ハーフ・エンプティ」か。
あなたはどう考えますか?

0116-young_couple.jpg
Image courtesy of marin, published on 11 November 2012 / FreeDigitalPhotos.net

それでは今日はこのへんで。
またお会いしましょう! ジム佐伯でした。

【関連記事】“第106回:“I'll return full.”―「満タンで返します」(日常会話、レンタカー店にて)”, ジム佐伯のEnglish Maxims, 2013年10月10日
【関連記事】“第15回:“Every cloud has a silver lining.”―「どの雲にも銀の裏地がついている」(ことわざ、ジョン・ミルトンほか)”, ジム佐伯のEnglish Maxims, 2013年05月07日
【関連記事】“第51回:“No rain, no rainbow.”―「雨がなければ虹はない」(ハワイのことわざ)”, ジム佐伯のEnglish Maxims, 2013年07月06日
【関連記事】“第2回:“April showers bring May flowers.”―「四月の雨が五月の花をもたらす」(ことわざ)”, ジム佐伯のEnglish Maxims, 2013年04月24日

【参考】Wikipedia(日本語版英語版
【参考】“glass half-full or half-empty funny quotes (コップに半分入っているか半分カラかについての面白い名言集)”, businessballs.com
【参考】“有名な「Is the glass half empty or half full?」の意味とは?”, Riho, ツカウエイゴ, September 09, 2013

このエントリーをはてなブックマークに追加
posted by ジム佐伯 at 07:00 | ジョーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサーリンク / Sponsored Link

ブログパーツ