スポンサーリンク / Sponsored Link


2013年09月12日

第90回:“Say again?”―「え?何?」(日常会話)

(本文1390文字、読み終わるまでの目安:3分29秒)


こんにちは! ジム佐伯です。
英語の名言・格言やちょっといい言葉をご紹介しています。
そしてたまに日常会話もご紹介しています。

0090-girl_listens_with_her_hand_at_ear.jpg
Image courtesy of Jeroen van Oostrom, published on 02 March 2009 / FreeDigitalPhotos.net

第90回の今日はこの言葉です。
“Say again?”
「もう一回言って。」
という意味の日常会話です。
文法的には命令形ですが、語尾を上げて発音します。
相手の言ったことが聞き取れなかった時に聞き返す表現なので、命令形ですが語尾にクエスチョンマークをつけました。
日本語でいうと、
「え?」「何?」
といった感じです。

0090-man_speaking_over_phone.jpg
Image courtesy of Ambro, published on 01 June 2011 / FreeDigitalPhotos.net

“Say it again?”
とか、
“Say that again?”
とも言います。
上の二つのうちでは、アメリカでは
“Say that again?”
の方が多く使われているというのが個人的な印象です。

“Say again?”
というのが、最もシンプルな形です。
あと、
“Come again?”
という表現もよく使われます。

0090-eavesdropping_in_the_office.jpg
Image courtesy of franky242, published on 07 August 2013 / FreeDigitalPhotos.net

命令形で“please”すらついていませんので、あまり丁寧な言葉ではありません。
丁寧に言うとしたら、
“Say that again, please?”
とか、
“Could you say that again?”
と言ってもいいでしょう。

しかし大事なのは、聞き取れなかったら間髪入れずに聞き返すことです。
そうしないと、話し好きのアメリカ人はどんどん話を先に進めてしまいます。
少々ぶっきらぼうな表現でも、話をさえぎって「え?何?」と聞き返す必要があるのです。

その目的を考えると、短く言いやすい
“Say again?”
や、
“Come again?”
がベストなのです。
この言葉に関する限りは、ビジネスシーンで使ってもそれほど失礼にはあたりません。
むしろ、わからないままに話を続ける方が失礼ですよね。

0090-smiling_woman_eavesdropping.jpg
Image courtesy of stockimages, published on 29 April 2013 / FreeDigitalPhotos.net

ほかにも、
“Sorry?”
という聞き返し方もよく使われます。
ただ、
“Excuse me?”
や、
“Pardon?”
“I beg your pardon?”
という聞き返し方は、間違いではないのですが、「聞き取れなかったので聞き返している」という意図が伝わらないおそれもあります。
たとえばトイレに行きたくて中座する時も
“Excuse me.”
を使うからです。

0090-couple_listening_mobile.jpg
Image courtesy of David Castillo Dominici, published on 28 December 2011 / FreeDigitalPhotos.net

あと、面と向かって話しているときは表情やジェスチャーで「聞き取れなかった」ということが相手に伝わりやすいですが、電話や電話会議、航空無線や船舶無線などでは言葉だけではっきり伝える必要があります。
その点、
“Say again?”
は間違えようがありません。
サバイバル英語としては、断然こちらをおすすめします。

0090-navy_pilots_in_the_cockpit_of_F-A-18.jpg
By Mass Communication Specialist 2nd Class Kevin S. O'Brien, U.S. Navy, 22 April 2010 [Public Domain], via Wikimedia Commons

もう一つ、大事なことがあります。
もし、相手の言っている英語が速すぎて聞き取れなかった場合、
“Say again?”
“Say that again?”
“Come again?”
とだけ言っても、アメリカ人は同じ速さで繰り返すだけです。
速すぎて聞き取れないという発想がないのです。
日本人との付き合いが多い人なら察してくれるかもしれませんが、そこまで察してもらうことは基本的には期待できません。
そういう場合は、
“Say again? Slowly, please?”
とはっきりお願いするとよいでしょう。

0090-hearing.jpg
Image courtesy of artemisphoto, published on 05 May 2012 / FreeDigitalPhotos.net

“Say again?”
え?何?

聞き取れないことは恥ではありません。
英語が苦手な日本人だからなおさらです。
間髪を入れずに聞き返せるようにしましょう。
「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」なのですから。

0090-woman_telling_something_to_man.jpg
Image courtesy of imagerymajestic, published on 22 November 2012 / FreeDigitalPhotos.net

それでは今日はこのへんで。
またお会いしましょう! ジム佐伯でした。

【関連記事】第85回:“Uh-huh.”―「ええ(あいづち)」(日常会話), ジム佐伯のEnglish Maxims, 2013年09月03日
【関連記事】第61回:“No kidding!”―「マジで?」(日常会話), ジム佐伯のEnglish Maxims, 2013年07月23日
【関連記事】第89回:“You know.”―「えーっと」(日常会話), ジム佐伯のEnglish Maxims, 2013年09月10日

【参考】Wikipedia(日本語版英語版
【参考】“No. 1280 “Say again?” 「え?何?」”, by AllanK, 【AllanK の英会話ワンポイントレッスン】, 2012.09.18
【参考】“「Say again」の使い方”, 河原田清和, はじめての航空管制-FAAパイロット免許, 2010年01月16日
【参考】“ビジネス現場で覚える英会話 #3 - Could you say it again? 聞き直しの表現”, by yoosee, World Wide Walker, 2010-10-25
【参考】“エピソード35 なんと言われたのかわからなかった場合の聞き返し方集”, English Speaker / Bud, Brashな英語を学ぼう!, 2012年05月24日
【参考】“「聞き返すときの表現」 英語”, 柏木 章, トークるズ ―英会話と英語学習, October 21, 2006
【参考】“Say it again?”, さらにその先へ -A life at Drucker School-, アメリカでの暮らし、MBAでの経験、日々考えていること、学んでいること、等々。, 2005年11月07日
【参考】“レベル・ダウン・テクニック”, Berlitz ビジネスで今すぐ使える英会話フレーズ

タグ:日常会話
このエントリーをはてなブックマークに追加
posted by ジム佐伯 at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日常会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/374456378

この記事へのトラックバック
スポンサーリンク / Sponsored Link

ブログパーツ