スポンサーリンク / Sponsored Link


2013年09月03日

第85回:“Uh-huh.”―「ええ(あいづち)」(日常会話)

(本文2324文字、読み終わるまでの目安:5分49秒)


こんにちは! ジム佐伯です。
英語の名言・格言やちょっといい言葉をご紹介しています。
そして時々日常会話をご紹介しています。

0085-couple_drink_coffee.jpg
Image courtesy of Ambro, published on 26 January 2011 / FreeDigitalPhotos.net

第85回の今日はこの言葉です。
“Uh-huh.”
これは日常会話でよく使われる「あいづち」です。
生活シーンでも、ビジネスシーンでも使われます。
発音は、鼻にかける音で「ア」と言います。アクセントは「ハ」にあります。
口を閉じたままで言うこともあります。「ウ」とか「ン」に近いですが、アクセントのある「フ」と書いた音も口を閉じたまま鼻から息を抜いて発音します。
口を閉じて発音するときも
“Uh-huh.”
と書きますが、敢えて違いをはっきりさせるために
“Mm-hm.”
と書くこともあります。
日本人には最初は「アハン」「ウフン」と色っぽい感じがして言うのが恥ずかしいのですが、まったくそのような意味はありませんし、慣れたらどうってことはありません。

0085-businesswomen_discussing.jpg
Image courtesy of stockimages, published on 18 August 2013 / FreeDigitalPhotos.net

日本語でも「はい」とか「ええ」とか相槌をうちますが、あれとほとんど同じです。
「はい」と「ええ」が混じって「へえ」になってしまったというジョークもありますね。

言葉で反応するほどでもない時、「ちゃんと聞いてますよ」「理解できてますよ」と相手に伝えるサインにもなります。
会話の最中で、「それで?」と続きをうながす軽い催促にもなります。
逆に、言葉で返事もせず、このようなあいづちも打たずに黙って聞いていると、話し手は「ちゃんと聞いているのかな?」「理解できているのかな?」と心配になってしまいます。

特に、電話や電話会議などで、相手の表情が見えない時は、いつもよりしっかりとあいづちをうつことが大事です。
大人数の会議などでも、例えばあなたが誰かに質問をして、それに答えてもらっている時は、あいづちをうつ方が望ましいでしょう。

0085-group_of_business_people.jpg
Image courtesy of iconmac, published on 28 May 2012 / FreeDigitalPhotos.net

基本的に“Uh-huh.”“Mm-hm.”でランダムにあいづちを打っていると、相手は安心して話を続けることができます。
あいづちを入れるタイミングは、最初はなかなか難しいのですが、慣れてくると相手の話がちょっと途切れた時に上手に入れることができるようになります。
あいづちの入れ方で、海外生活が長いかどうか、わかってしまうほどです。

0085-businessman_talking_over_phone.jpg
Image courtesy of stockimages, published on 25 August 2012 / FreeDigitalPhotos.net

ここで一つ、気をつけなければいけないことがあります。
“Uh-huh.”と“Mm-hm.”は“Yes.”と同等であるということです。
「肯定」の意味があるあいづちなのです。
これ、よく覚えておいてください。
ですから、例えば相手が「こうしてもいいですよね?」とたずねてきたときにうっかり“Uh-huh.”と言ってしまうと、それは“Yes.”と承諾したことになってしまうのです。
単に「聞いてますよ」と軽い気持ちであいづちをうっているつもりでも、相手には同意として伝わってしまうので、注意が必要です。
そういうときには、“Uh-huh.”ではなく、“Yes.”“No.”ではっきり答えるようにしましょう。

0085-woman_making_a_phone_call.jpg
Image courtesy of anankkml, published on 08 November 2012 / FreeDigitalPhotos.net

逆に「否定」の意味があるあいづちもあります。
“Uh-uh.”
がそうです。
これは最初の“Uh-”にアクセントがあり、「アッアー」と下がり調子で発音します。
“Uh-huh.”と似ていてまぎらわしいですが、明らかに違う意味、しかも正反対の意味を持つあいづちです。
“Uh-uh.”と言ってさえぎってから、
“Wait a minute.”
「ちょっと待って」
とか、
“I mean No.”
「答えはNoです」
などと続けます。
例えば何か忘れ物に気づいたり、誰かが何か失敗したことに気づいたりした時なども、
“Uh-uh.”
という合いの手を入れることがよくあります。

0085-job_interview.jpg
Image courtesy of franky242, published on 07 August 2013 / FreeDigitalPhotos.net

さて、「あいづち」を英語で何と言うのでしょうか。
Wikipedia日本語版の「相槌」から英語版に飛ぶと、“Aizuchi”という項目が出てきます。
これは日本語のあいづちを解説した項目です。
そこからさらにリンクが張ってあって、“Backchannel (linguistics)”という項目があり、“Uh-huh.”などが解説されています。
しかしバックチャネルというのは言語学の専門用語ですので、普段はあまり使いません。
“chiming-in” (チャイミング・イン)
などが使われるようです。
“chiming”“chime”からきていて、チャイムが鳴ることをあらわします。
“chime in”
で、「口をはさむ」「話に割り込む」という意味になります。

0085-couples_at_bar.jpg
Image courtesy of stockimages, published on 07 October 2012 / FreeDigitalPhotos.net

ここまでで、英語のあいづちについてだいぶわかって頂けたかと思います。
しかし“Uh-huh.”“Mm-hm.”“Uh-uh.”だけでは、やはり会話として不自然です。
あいづちにはほかにも、
“Yes.”  「はい。」
“Right.” 「そうだね。」
“Really?” 「本当に?」
“Wow!”  「うわぁ!」
“Sounds good.” 「いいね。」
“That's too bad.” 「それは残念だね。」
“Of course.” 「もちろん。」
“Understood.” 「わかりました。」
“Great!” 「すばらしい。」
などなど、さまざまな言葉が使えます。
以前ご紹介した、
“No kidding!” 「マジで?」
なども、あいづちとしてよく使われる表現です。
状況に応じて使い分けてください。

【関連記事】第61回:“No kidding!”―「マジで?」(日常会話), ジム佐伯のEnglish Maxims, 2013年07月23日

0085-corporate_women_meeting.jpg
Image courtesy of stockimages, published on 28 April 2012 / FreeDigitalPhotos.net

“Uh-huh.” 「ア
“Mm-hm.” 「ン
“Uh-uh.” 「アッアー」

発音と意味の違い、わかって頂けましたでしょうか。
最初ははずかしいかもしれません。
タイミングも難しいかもしれません。
でも慣れてしまうとどうってことはありません。
これをしっかり使えるようになると、英語の会話がとてもスムーズになりますよ。
習うよりも慣れろの精神でがんばって下さい。

0085-joyful_talk_over_phone.jpg
Image courtesy of marin, published on 19 November 2012 / FreeDigitalPhotos.net

それでは今日はこのへんで。
またお会いしましょう! ジム佐伯でした。

【関連記事】第61回:“No kidding!”―「マジで?」(日常会話), ジム佐伯のEnglish Maxims, 2013年07月23日

【参考】Wikipedia(日本語版英語版
【参考】“プチ英会話♪「あいづちをうつ」”, スクールなう!, AEON 英会話イーオン, 2012.09.27
【参考】“「アハ」と「アッア」”, 発音, 英語の冒険
【参考】“あいづち”, 執筆者:古賀和歌子, ホストファミリーのヘビロテ英語フレーズ, 英語/英語学習アーカイブ, 更新日:2007年08月09日
【参考】“英語の相槌”, by Luke, 英会話, 英語 with Luke(Eigo with Luke), April 5, 2011

タグ:日常会話
このエントリーをはてなブックマークに追加
posted by ジム佐伯 at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日常会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
スポンサーリンク / Sponsored Link

ブログパーツ