スポンサーリンク / Sponsored Link


2013年09月05日

第86回:“You see what I mean?”―「言ってることわかる?」(日常会話)

(本文2498文字、読み終わるまでの目安:6分15秒)


こんにちは! ジム佐伯です。
英語の名言・格言やちょっといい言葉をご紹介しています。
そしてたまに日常会話もご紹介しています。

0086-she_is_the_boss.jpg
Image Copyright by Franz Pfluegl, Used under license from Links Co., Ltd.

第86回の今日はこの言葉です。
“You see what I mean?”
「私の言ってることがわかりますか?」
「私の言いたいことがわかりますか?」
「言っている意味がわかりますか?」

などという意味です。日常会話でよく使われる表現です。
生活シーンでも、ビジネスシーンでも使われます。

0086-corporate_women_having_discussion.jpg
Image courtesy of stockimages, published on 19 August 2013 / FreeDigitalPhotos.net

“Do you understand?”
「理解してますか?」
という言葉もまちがいではありませんが、すこしぶしつけな感じがします。
また、これはどちらかというと
「今朝こんなひどいことがあって大変だったのよ。わかってくれる?」
「僕もつらい立場なんだよ。わかる?」
などと、立場や状況に対する理解と共感を求める場合に使われることが多いです。

相手が話を聞いているか、話の内容を理解しているかをたずねるにはやはり
“You see what I mean?”
の方がよく使われます。

0086-group_of_people_at_party.jpg

前回の記事では、相手の言っている途中にはさむ「あいづち」をご紹介しました。
“Uh-huh.”(ア)や“Mm-hm.”(ン)は肯定のあいづち。
“Uh-uh.”アッアー)は否定のあいづちでしたね。
言葉であいづちをうたなくても、このあいづちをはさんでおけば少なくとも「ちゃんと聞いてますよ」と相手に伝えることができるのです。

【関連記事】第85回:“Uh-huh.”―「ええ(あいづち)」(日常会話), ジム佐伯のEnglish Maxims, 2013年09月03日

0086-woman_cell_phone.jpg
Image courtesy of Ambro, published on 05 October 2010 / FreeDigitalPhotos.net

しかし、あなたが一生けんめい話している時に、相手が黙っていたらどうでしょう。
ちゃんと聞いているのか、理解できているのか、不安になりますよね。
もしからしたら、自分がとんちんかんなことを話しているのかなあとも考えてしまいますよね。
そんな時に、
“You see what I mean?”
「言ってることわかりますか?」
「意味通じてますか?」
と聞けば、それを確認することができるのです。
それだけでなく、重要なポイントなどで念を押す時にも使うことができます。

0086-young_guy_on_the_phone.jpg
Image courtesy of Victor Habbick, published on 16 February 2012 / FreeDigitalPhotos.net

もしこのように聞かれたら、理解できている場合は、“Yes.”“I see.”“Understood.”などと答えたらよいでしょう。
ちゃんと聞いているよという意味でなら、
“Uh-huh.”
だけでもかまいません。

よく分からなかった場合は、
“No.”“Wait a minute.”と「ことわり」をいれて、
“Could you speak more slowly?” 「もう少しゆっくり話していただけますか?」
“I don't understand ...” 「...のところがよくわかりません」
などと具体的に答えるとよいでしょう。

0086-business_team_dicussing_work.jpg
Image courtesy of Ambro, published on 25 June 2011 / FreeDigitalPhotos.net

この言葉、もともとは、
“Do you see what I mean?”
「私の言っていることがわかりますか?」
というのが正確な表現です。これも日常的によく使われます。
意味はほとんど変わりませんが、少しだけ丁寧な表現になります。
アクセントがない“Do you”が詰まって「ジュ」と一音になり、
“Ju see what I mean?”
みたいな言い方になります。なんかフランス語みたいですね。

この“Do”が省略されて、
“You see what I mean?”
になりました。

さらに、“You”も省略されて、
“See what I mean?”
という使われ方もします。さらにくだけた表現です。
このように、口語ではアクセントのない単語はどんどん省略されることがあります。

ほかにも話す途中で相手に確認する言葉としては、
“Does it make sense?”
「意味、通じてます?」
があります。
僕も、自分でもわけわからない英語を話してしまうことがよくあります。
自信がない時はよくこの言葉を使います。
単純に、
“Make sense?”
でもOKです。

0086-woman_enjoying_conversation.jpg
Image courtesy of stockimages, published on 29 April 2013 / FreeDigitalPhotos.net

こんな言葉もあります。
“Do I make myself clear?”
なかなか難しい言い回しですね。
「私は私自身を明確になしえているか?」
わざと固く直訳するとこんな感じですが、
「はっきりわかったな?」
という意味の言葉です。
これ、かなりきつい言葉ですので、使う時には気をつけましょう。
元々は軍隊で上官が部下に命令などを確認するための言葉なのだそうです。
今は一般社会でも使われますが、やはり上司が部下に、医師が患者に確認する際に使われます。
答えは“Yes.”がほとんどで、“No.”はあまり期待されていません。
というか、軍の命令だったら“No.”は有り得ませんよね。

0086-us_military_captain.jpg
Image courtesy of stockimages, published on 15 July 2013 / FreeDigitalPhotos.net

僕は以前、ある会議でアメリカ国防総省(DoD: Department of Defense)の人と話したことがあります。あのペンタゴン(The Pentagon)という通称で知られる国防総省です。
ものすごく頭が切れる若いチャーミングな黒人女性だったのですが、魅力的な笑顔をふりまきながら、
“Do I make myself clear?”
を連発していたのがとても印象に残っています。
僕はその会議のあと、その言い方がしばらくうつってしまいました。
自分の言っていることがちゃんと理解されているかを確認するつもりで、
“Do I make myself clear?”
を連発していた時期がありました。
おそらく相手のアメリカ人は、この日本人はなんて高圧的な奴なんだとビビッたり、気を悪くしていたのかもしれません。
国防総省は日本の防衛省と同じお役所です。軍隊そのものではありません。
しかし、やはり民間とは違う世界なのかもしれません。

0059-the_pentagon.jpg
アメリカ国防総省(ペンタゴン)
By David B. Gleason from Chicago, IL (The Pentagon), 12 January 2008 [CC-BY-SA-2.0 (http://creativecommons.org/licenses/by-sa/2.0)], via Wikimedia Commons

ほかにも、
“Do I make myself understood?”
「わかってもらえてますか?」
という言葉もあります。こちらはそれほど高圧的ではありません。
“Did I make myself understood?”
「わかってもらえてましたか?」
と過去形にするとさらにやわらかくなります。
状況に応じて使い分けてください。

0086-young_businessman_on_cellphone.jpg
Image courtesy of David Castillo Dominici, published on 04 December 2011 / FreeDigitalPhotos.net

“You see what I mean?”
言ってることわかりますか?

“Does it make sense?”
意味、通じてますか?

日本人は自分の英語がちゃんと通じているか不安なものです。
確認するならこの二つの言葉ぐらいが無難なところかもしれませんね。

0086-businessman_discussing_with_secretary.jpg
Image courtesy of stockimages, published on 09 November 2012 / FreeDigitalPhotos.net

それでは今日はこのへんで。
またお会いしましょう! ジム佐伯でした。

【関連記事】第86回:“Uh-huh.”―「ええ(あいづち)」(日常会話), ジム佐伯のEnglish Maxims, 2013年09月03日
【関連記事】第61回:“No kidding!”―「マジで?」(日常会話), ジム佐伯のEnglish Maxims, 2013年07月23日

【参考】Wikipedia(日本語版英語版
【参考】“「言ってること分かる?」”, かったん, 簡単ワンポイント英会話, 2008.01.09
【参考】“No. 884 “Ju see what I mean?” 「ほらごらん」”, by AllanK, 【AllanK の英会話ワンポイントレッスン】, 2011.06.29
【参考】「使える英語表現」(No. 153)「私の言う事わかったわよね?」, Naoのきまぐれ英語ノートブック, 2010-03-15

タグ:日常会話
このエントリーをはてなブックマークに追加
posted by ジム佐伯 at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日常会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
スポンサーリンク / Sponsored Link

ブログパーツ