スポンサーリンク / Sponsored Link


2013年06月25日

第45回:“When in Rome, do as the Romans do.”―「郷に入りては郷に従え」(ことわざ、聖アンブロジウスほか)

(本文1136文字、読み終わるまでの目安:2分50秒)


こんにちは! ジム佐伯です。
英語の名言・格言やちょっといい言葉をご紹介しています。

0045-yummy_pizza.jpg
Image courtesy of stockimages, published on 27 May 2013 / FreeDigitalPhotos.net

第45回の今日はこの言葉です。
“When in Rome, do as the Romans do.”
直訳すると、
「ローマではローマ人のする通りにせよ。」
となります。
“Do in Rome as Roman's do.”
“Do in Rome as Roman's.”
などとも言われます。意味はどれも同じです。

日本にも、
「郷に入りては郷に従え。」
ということわざがありますね。

0045-pompeii_family_feast.jpg
Painting from Pompeii, now in the Museo Archeologico Nazionale (Naples), showing a banquet or family ceremony
Unknown painter before 79 AD [Public domain], via Wikimedia Commons


この言葉は、もともとはラテン語の成句である
“Si fueris Romae, Romano vivito more;
 si fueris alibi, vivito sicut ibi.”

(スィ・フエリス・ロマーエ、ロマーノ・ウィウィート・モーレ、
 スィ・フエリス・アリーヴィ、ウィウィート・スィクート・イービ)
「ローマにいる時はローマ人のやりかたで生きろ。
 ほかの土地にいる時は、その土地に暮らす者のように暮せ。」
から来ているそうです。
4世紀のミラノ司教(Bishop of Milan)である聖アンブロジウス(St. Ambrose, Aurelius Ambrosius, 340頃-397)の言葉であると言われています。
まさに「郷に入りては郷に従え」という言葉と同じですね。

0045-ambrose_of_milan.jpg
聖アンブロジウス(St. Ambrose, Aurelius Ambrosius, 340頃-397)
Late antique mosaic of Saint Ambrose in the church St. Ambrogio in Milan.
Photograph by Irmgard, 8 October 2005 [Public domain], via Wikipedia Commons


この言葉、現代では全部を言わずに後半を省略して、
“When in Rome.”
と使われることが多いようです。後は言わなくてもわかるというわけです。

ビリー・ジョエル(Billy Joel, 1949-)のアルバム『ストーム・フロント(Storm Front)』(1989)には、そのものズバリの
“When in Rome”
という曲があります。


『ストーム・フロント[CD]』, ビリー・ジョエル(Billy Joel), ソニーレコード(1999/1/21)

日本にも「郷に入りては郷に従え。」ということわざがあります。
もともとは、中国のことわざである「入郷随俗」から来ていると言われます。

鎌倉末期から明治初期まで日本で使われた子供向けの初等教科書『童子教(どうじきょう)』に、
「入郷而従郷、入俗而随俗
 (ーシャンアーチョンシャン、ースーアースイスー)」
(郷に入りては而ち郷に随い、俗に入りては而ち俗に随う)
と書かれています。(発音はいつもながらいいかげんです。)
『童子教』はさまざまな教訓を漢文体の五言320句にまとめたもので、南北朝時代の1377年(天授3年・永和3年)の書写版が現存する最古のものだそうです。江戸時代の寺子屋などで多く使われました。子供たちに素読(すどく)をさせて暗唱させたり、お師匠さんが解説を加えたりしたのでしょうね。

“When in Rome, do as the Romans do.”
郷に入りては郷に従え。

ローマは実にいろいろなことわざで使われていますね。

0045-eating_spaghetti.jpg
Image courtesy of nuchylee, published on 05 February 2011 / FreeDigitalPhotos.net

それでは今日はこのへんで。
またお会いしましょう! ジム佐伯でした。

【関連記事】第39回:“The die is cast.”―「賽は投げられた」, ジム佐伯のEnglish Maxims, 2013年06月15日
【関連記事】第40回:“Make haste slowly.”―「ゆっくり急げ」, ジム佐伯のEnglish Maxims, 2013年06月16日
【関連記事】第41回:“I will have my vengeance, in this life or the next.”―「復讐はこの世かあの世で必ず果たす」, ジム佐伯のEnglish Maxims, 2013年06月18日
【関連記事】第42回:“By all means, Rome.”―「なんといってもローマです」, ジム佐伯のEnglish Maxims, 2013年06月20日
【関連記事】第43回:“Rome wasn't built in a day.”―「ローマは一日にしてならず」, ジム佐伯のEnglish Maxims, 2013年06月22日
【関連記事】第44回:“All roads lead to Rome.”―「すべての道はローマに通ず」, ジム佐伯のEnglish Maxims, 2013年06月23日

【参考】Wikipedia(日本語版英語版
【参考】kotobank

このエントリーをはてなブックマークに追加
posted by ジム佐伯 at 12:00 | Comment(0) | ことわざ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

スポンサーリンク / Sponsored Link

ブログパーツ