スポンサーリンク / Sponsored Link


2013年06月20日

第42回:“By all means, Rome.”―「なんといってもローマです」(ローマの休日)

(本文1160文字、読み終わるまでの目安:2分54秒)


こんにちは! ジム佐伯です。
英語の名言・格言やちょっといい言葉をご紹介しています。

0042-spanish_steps.jpg
By nixxphotography, published on 08 May 2011, FreeDigitalPhotos.net

第41回の今日はこの言葉です。
“By all means, Rome.”
「なんといってもローマです。」
これはウィリアム・ワイラー(William Wyler, 1902-1981)監督の映画『ローマの休日(Roman Holiday)』(1953年アメリカ)に出てくる言葉です。


ローマの休日 [DVD],

オードリー・ヘプバーン(Audrey Hepburn, 1929-1993)演じるアン王女(Princess Ann)は、ヨーロッパ各国を表敬訪問し、最後にイタリアのローマを訪れます。

0042-audrey_hepburn.jpg
By Trailer screenshot [Public domain], via Wikimedia Commons

過密なスケジュールに嫌気がさしたアン王女は、ひそかに城を抜け出します。そこでグレゴリー・ペック(Gregory Peck, 1916-2003)演じる新聞記者のジョー・ブラッドレー(Joe Bradley)と出会うのです。

0042-gregory_peck.jpg
By Trailer screenshot (Roman Holiday trailer) [Public domain], via Wikimedia Commons

ジョーはアン王女の正体に気づきますが、「王女のお忍びのローマ体験」という大スクープをモノにしようと、新聞記者である正体を偽って王女を連れ歩きます。

0042-roma_vespa.jpg
By Trailer screenshot Licencing information : http://www.sabucat.com/?pg=copyright and http://www.creativeclearance.com/guidelines.html#D2 (Roman Holiday trailer) [Public domain], via Wikimedia Commons

美容院で髪の毛を短くしたり、スペイン広場でジェラートを食べたり、真実の口にこわごわと手を入れたりするアン王女。映画ではそれらのシーンがとても楽しく、可愛らしく描かれています。目を輝かせるオードリー・ヘプバーンの表情や、モノクロの画面に映し出されたローマの街がとても魅力的です。

0042-roman_holiday.jpg
By Trailer screenshot Licencing information :http://www.sabucat.com/?pg=copyright and http://www.creativeclearance.com/guidelines.html#D2 (Roman Holiday trailer) [Public domain], via Wikimedia Commons

二人は徐々にお互いに惹かれ合っていきます。ジョーも新聞記者である自分の立場を忘れそうになります。
いろんな場所を回っていますが、たった1日の夢のような出来事なのです。

あっという間に帰国の朝となり、アン王女は記者会見を開きます。
ある記者がアン王女に、訪問した都市のうちどれが最も印象に残っているかと質問します。
アンは王女らしく当たり障りのない返答をしようとしますが、途中でローマへの思いがつい抑えられなくなってしまいます。
“Each in its own way was...unforgettable...
 it would be difficult to... Rome! ”

「どの街もそれぞれが忘れがたく...、
 一つ挙げるのは難しいですが... ローマです!

0042-interview.jpg
By trailer screenshot (Paramount Pictures) (Roman Holiday trailer - DVD bonus) [Public domain], via Wikimedia Commons

外交スケジュールに固められただけのほかの街と、たった1日だけでも好きな相手と一緒に過ごし、自由を満喫したローマとは比べるべくもないのです。


【動画】“Roman Holiday Trailer (ローマの休日 予告編)”, by Adrienne Belle, YouTube, 2009/06/07

“By all means, Rome.
 I will cherish my visit here in memory, as long as I live.”

「なんといってもローマです。
 私はここを訪れた思い出を一生大切にすることでしょう。」

この映画を見るとローマに行きたくなりますね。
ぜひローマを訪れて、あなただけのローマの休日を楽しんでみて下さい。

0042-italian_scooter.jpg
By Simon Howden, published on 09 April 2009, FreeDigitalPhotos.net

それでは今日はこのへんで。
またお会いしましょう! ジム佐伯でした。

【関連記事】第39回:“The die is cast.”―「賽は投げられた」, ジム佐伯のEnglish Maxims, 2013年06月15日
【関連記事】第40回:“Make haste slowly.”―「ゆっくり急げ」, ジム佐伯のEnglish Maxims, 2013年06月16日
【関連記事】第41回:“I will have my vengeance, in this life or the next.”―「復讐はこの世かあの世で必ず果たす」, ジム佐伯のEnglish Maxims, 2013年06月18日

【参考】Wikipedia(日本語版英語版

【動画】“Roman Holiday Trailer (ローマの休日 予告編)”, by Adrienne Belle, YouTube, 2009/06/07

このエントリーをはてなブックマークに追加
posted by ジム佐伯 at 12:00 | Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

スポンサーリンク / Sponsored Link

ブログパーツ