スポンサーリンク / Sponsored Link


2013年06月08日

第35回:“Go ahead, make my day.”―「さあやれよ、俺を喜ばせてくれ」(クリント・イーストウッド)

(本文1818文字、読み終わるまでの目安:4分33秒)


こんにちは! ジム佐伯です。
英語の名言・格言やちょっといい言葉をご紹介しています。

0035-gun_in_hand.jpg
Image courtesy of Naypong / FreeDigitalPhotos.net

第35回の今日はこの言葉です。
“Go ahead, make my day.”
「さあやれよ、俺を喜ばせてくれ。」
とでもしておきましょうか。日本語にするのがとても難しい言葉です。

これはクリント・イーストウッド(Clint Eastwood, 1930-)が監督・製作・主演を務めた映画『ダーティハリー4(Sudden Impact)』(1983年アメリカ)に出てくる言葉です。
映画の冒頭、イーストウッド演じるハリー・キャラハン刑事(Harry Callahan)が強盗に向かって
“Go ahead, make my day.”
と言うのです。

0035-clint_eastwood.jpg
クリント・イーストウッド(Clint Eastwood, 1930-)
By Thore Siebrands (originally posted to Flickr as Clint Eastwood) [CC-BY-2.0], 11 February 2007, via Wikimedia Commons


『ダーティハリー4 [Blu-ray]』, ワーナー・ホーム・ビデオ(2010/04/21)

“Go ahead.”
とは「さあどうぞ」という意味で、相手に道をゆずる時などにも使います。
乱暴な口調で言うと、「さっさとやれよ」というニュアンスにもなります。ここでは、強盗に向かって、「さっさと撃てよ」と言っています。

“Make my day.”
は直訳すると「私の一日を作って下さい」という意味です。
「私にとって素晴らしい一日にして下さい」といったところでしょうか。
ドスの効いた声で言うと、「俺を喜ばせてくれよ」といった感じになります。

これをつなげて、「さあ撃てよ。俺を喜ばせてくれよ。」という意味に使われています。


【動画】“Sudden Impact - Go ahead, make my day - Clint Eastwood as Harry Callahan (ダーティーハリー4 - ゴー・アヘッド、メイク・マイ・デイ - ハリー・キャラハンを演じるクリント・イーストウッド)”, by merrillovermatter, YouTube, 2011/03/07

なぜ強盗が発砲するとハリー・キャラハン刑事が喜ぶのでしょうか。それは、ハリーが愛用するスミス&ウェッソンM29(S&W Model 29)の巨弾44マグナム(.44 Magnum)を強盗に向けて合法的にぶっぱなす理由ができるからです。
決して下品な言葉ではないのですが、ドスを効かせて威嚇しているのです。
よく使われる日本語に意訳すると、
「やれるもんならやってみろ。」
といったところでしょうか。

字幕や吹き替えでは文字数も限られていますので、
「さあ、俺に撃たせてくれ。」
「撃て、望むところだ。」
などと訳されています。翻訳者の苦労がうかがえます。


【動画】“Go Ahead, Make My Day - Dirty Harry (HD)(ゴー・アヘッド、メイク・マイ・デイ - 『ダーティーハリー』(高画質))”, by Brad JB, YouTube, 2015/03/04

ちなみに僕はオーストラリアに行った時、射撃場で44マグナムの実弾を撃ったことがあります。リボルバーの拳銃自体もズッシリと重く、反動ももの凄かったです。しかし命中精度はなかなかよく、的の中心に弾痕が集まっていました。

0035-target.jpg
Image courtesy of digitalart / FreeDigitalPhotos.net

作家の村上春樹(Haruki Murakami, 1949-)は、当時のエッセイ『村上朝日堂』(1984)でこの言葉に触れています。
『― でも、この“make my day”というのは実に訳しにくい。感じとしては「さあ撃てよ、俺に一丁やらせてくれよ」だけど、せっかくだからもっとうまいスーパーに仕立てたい。「さあ殺(や)れよ、嬉しいことしてくれるぜ」あたりになると、ダーティー・ハリー・キャラハン刑事のキャラクターにだんだん近づいてくる。』
さすが村上春樹です。なかなか雰囲気が出ていますね。彼が翻訳した字幕や吹き替えでこの映画を見たら、どんな感じになるのでしょうか。
イーストウッドが山田康雄の声で「やれやれ」なんて言ったりして。
意外に合ってますね。やばい、脳内再生が始まっちゃいました。

0035-haruki_murakami.jpg
村上春樹(Haruki Murakami, 1949-)
By Galoren.com (Own work) [GFDL or CC-BY-SA-3.0-2.5-2.0-1.0], 9-8-2009, via Wikimedia Commons


『村上朝日堂(新潮文庫)』, 村上春樹, 新潮社; 改版(1987/2/27)

“Go ahead, make my day.”は、映画の大ヒットとともにアメリカで流行語になりました。
当時のアメリカ大統領だったロナルド・レーガン(Ronald Wilson Reagan, 1911-2004)もこの言葉を引用して話題になったそうです。

0035-president_reagan.jpg
ロナルド・レーガン(Ronald Wilson Reagan, 1911-2004)
Official Portrait of President Reagan 1981.jpg [Public domain], via Wikimedia Commons

当時のレーガン大統領は小さな政府を唱え、増税に反対の立場をとっていました。1985年のアメリカビジネス会議(American Business Conference)のスピーチで、下院が増税法案を提出しようとしていることに対して彼は拒否権(veto)を行使する用意があることを述べ、次のように結びました。

“And I have only one thing to say to the tax increasers.
 Go ahead, make my day.”

「増税推進論者たちに言うべきことはたった一つです。
 やれるもんならやってみろ。」
― TIME Magazine, “Go Ahead - Make My Day”, By George J. Church (Mar 25 1985)

いかにもスピーチの上手なレーガン大統領らしいですね。会場は大いに盛り上がったことでしょう。


【追記】
探してみたら動画が見つかりました。会場は本当に盛り上がってますね。


【動画】“President Reagan's Remarks at a White House Meeting with Members of the American Business Conference(アメリカビジネス会議のホワイトハウス会合でのレーガン大統領の挨拶)”, by ReaganFoundation, YouTube, 2010/06/04


“Go ahead, make my day.”
やれるもんならやってみろ。

実際に使うのはなかなか難しいですが、映画好きなら知っておきたい言葉ですね。

0035-eastwood_and_reagan.jpg
ロナルド・レーガン(右)とクリント・イーストウッド(中央),左は俳優ルイス・ゴセット・ジュニア(Louis Gossett, Jr.)
By US government, 21 July 1987 [Public domain], via Wikimedia Commons

それでは今日はこのへんで。
またお会いしましょう! ジム佐伯でした。

【参考】Wikipedia(日本語版英語版

【動画】“Sudden Impact - Go ahead, make my day - Clint Eastwood as Harry Callahan (ダーティーハリー4 - ゴー・アヘッド、メイク・マイ・デイ - クリント・イーストウッド演じるハリー・キャラハン)”, by merrillovermatter, YouTube, 2011/03/07
【動画】“Go Ahead, Make My Day - Dirty Harry (HD)(ゴー・アヘッド、メイク・マイ・デイ - 『ダーティーハリー』(高画質))”, by Brad JB, YouTube, 2015/03/04
【動画】“President Reagan's Remarks at a White House Meeting with Members of the American Business Conference(アメリカビジネス会議のホワイトハウス会合でのレーガン大統領の挨拶)”, by ReaganFoundation, YouTube, 2010/06/04

このエントリーをはてなブックマークに追加
posted by ジム佐伯 at 07:00 | Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

スポンサーリンク / Sponsored Link

ブログパーツ