スポンサーリンク / Sponsored Link


2013年05月06日

第14回:“May the Force be with you.”―「フォースが共にあらんことを」(スター・ウォーズ)

(本文930文字、読み終わるまでの目安:2分20秒)


こんにちは! ジム佐伯です。
英語の名言・格言やちょっといい言葉をご紹介しています。

0014-darth_vader.jpg
By Mind meal at en.wikipedia (Transferred from en.wikipedia) [CC-BY-2.0], from Wikimedia Commons

第14回の今日はこの言葉です。
“May the Force be with you.”
「フォースが共にあらんことを。」

わかる方はニヤリとされたことでしょう。
わからない方はすみません。何のことやらさっぱりわからないでしょう。

これはジョージ・ルーカス監督(George Walton Lucas, Jr., 1944-)のSFアクション映画「スター・ウォーズ(Star Wars)」(1977年アメリカ)の中に出てくる言葉です。
今は「スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望(Star Wars Episode IV: A New Hope)」となっていますが、公開当時には副題はついていませんでした。

0014-george_lucas.jpg
ジョージ・ルーカス(George Walton Lucas, Jr., 1944-)
By Daniel from Calgary, Canada (IMG_1713) [CC-BY-SA-2.0], via Wikimedia Commons

軽快なファンファーレと勇壮なテーマ曲に乗せて、
“A long time ago in a galaxy far, far away....”
「遠い昔、遥か彼方の銀河系で…」
で始まる物語の序章が宇宙の彼方に流れて行くオープニングは、今見てもわくわくします。
SFだから未来なのかと思いきや、遠い昔の話なのですね。


『スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望 リミテッド・エディション [DVD]』, 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン(2006/09/13)


【動画】Star Wars: Episode IV - A New Hope - Official Trailer [1977] (『スター・ウォーズ エピソード4 - 新たなる希望 - 』 公式予告編(1977年), by MoviesHistory, YouTube, 2009/04/12

ここで使われている“Force”とは、一般名詞としては「力」「勢い」などという意味があります。しかし、単語が大文字で始まっているように、作品の世界では「フォース」は特別な意味をもっています。未来を予知したり、人の心を操ったり、物に触れずに動かしたり、一種の超能力のような力のことが“Force”と呼ばれています。映画公開当初の字幕では「理力(フォース)」と訳されていました。ジェダイの騎士たちは優れた素質と厳しい訓練によって、フォースを自由にあやつることができます。

主人公たちの味方である反乱軍は、お互いの無事と健闘を祈って、別れ際に合言葉のようにこの言葉を交わすのです。
スター・ウォーズのファンの間でも、挨拶がわりに使われています。
熱烈なファンでなくても、わかる人にはわかる挨拶となっています。

五月の連休も今日で終わりますね。
明日から学校やお仕事がある皆さん、お互い頑張りましょう!

“May the Force be with you!”
フォースが共にあらんことを!

0014-vader_girls.jpg
By Skomorokh at en.wikipedia (Transferred from en.wikipedia) [CC-BY-SA-2.0], from Wikimedia Commons

それでは今日はこのへんで。
またお会いしましょう! ジム佐伯でした。

【参考】Wikipedia(日本語版英語版

【動画】Star Wars: Episode IV - A New Hope - Official Trailer [1977] (『スター・ウォーズ エピソード4 - 新たなる希望 - 』 公式予告編(1977年), by MoviesHistory, YouTube, 2009/04/12

このエントリーをはてなブックマークに追加
posted by ジム佐伯 at 18:00 | Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

スポンサーリンク / Sponsored Link

ブログパーツ